ゲーム*やおよろず Retro

にじいろトゥインクル

対応機種:PC (Windows)

『にじいろトゥインクル』

◆プレイ方法:Win10 (パッケージ版)

▼ ゲーム(記事風)紹介 ▼

画面がぐるぐる回っちゃう愉快な対戦型落ち物パズルゲーム。同じ色のオーブを3つ縦か横に繋げることでオーブを消していくのだ。連鎖を発生させれば相手にお邪魔攻撃も可能。他のゲームとの大きな違いは「ターンオーブ」を消すことで、フィールドを回転させられること! これにより連鎖が苦手でも大連鎖が狙えるのだ。土壇場からの大逆転も夢じゃない!

特徴

  • 落ち物パズル
  • ぷよぷよ型システム
  • フィールド回転
  • 固有攻撃タイプ
  • 2人対戦モードあり
  • 1人練習モードあり
  • ギャグ風味
  • 豪華声優陣
  • 回転事故
  • オマケあり

ゲームデータ

発売会社
アスキー
開発会社
ALLPOWERFULL
発売日
1997/04/18(?)
価格
4,800円 (税別)
プレイ人数
1人~2人
難易度
普通
ジャンル
落ち物パズル
テイスト
コミカルファンタジー
ターゲット層
万人向け / 小中学生向け
対応OS/機種
Windows 95
認証システム
なし
媒体/形式
CD-ROM 1枚組
ネット通信/オンライン機能
なし
専用機器・対応機器
----
備考
  • 64bitOSのWindows10でインストールを試したところ、エラーが表示されインストールできませんでした。
  • ただし、ゲームディスクの中身を直接ハードディスクにコピーし、フォルダ内にある「SOUL.EXE」を開くことで、64bitのWindows10でも問題なくゲームをプレイすることができました。

プレイ記録

最終プレイ年月
2022年 01月
推定プレイ時間
30時間
自己クリア率
100%
お気に入り度
★★★★☆
オススメ度
★★★★
自己クリア条件
「すと~り~」モードで全キャラのエンディングを見る (コンティニューあり)
最終進行状況
「すと~り~」モードで全キャラのエンディングを見た (コンティニューあり)

プレイ動画

こちらは管理人がプレイしたままの動画です。ページ上部の紹介用動画とは異なりネタバレ満載! プレイ済みの方の回顧向けとなっております。
プレイしたところまでなので、ゲームによって、初見プレイ・体験のみ・途中まで・クリアまでと様々です。腕前は至極平凡、超凡人プレイ。
2つ目以降の動画を見る場合は、動画の下の番号ボタンをクリック♪ (※YouTubeのサイトへ移行します。限定公開動画です。)

番号プレイ内容動画時間
1すと~り~ レイド (EASY) / トウリ (NORMAL)01:50:49
2すと~り~ ソウセイ (NORMAL) / シオン (NORMAL)01:59:52
3すと~り~ オウキ (NORMAL) / グリーニャ (NORMAL)01:55:15
4すと~り~ レイド (HARD)01:00:44
5対こんぴゅ~た / れんしゅう01:33:43

ゲームレビュー

レビューといいつつ、思ったことをただひたすら書き連ねる単なる感想文です。誰がどう見てもかなりの駄文。文章下手でスミマセン…。
また、序盤しかプレイしていない触っただけのゲームなどは、的外れなコメントもあると思います。何卒お許しを~!
独自採点は、独断と偏見による超適当な採点です。ゲームの点数なんて人それぞれなんで、意味ないな~い!(*-∀-)ノ゙ (なのに書く)

† 私的に大好きな落ち物パズルゲーム †

子供の頃に遊んだ懐かしのゲームの1つです。同シリーズが発売されたのはWindows95用の本作と、プレイステーション版の『ぐるぐる大作戦』のみ。PS版の方はまだ多少の知名度があるんですが、PC版のこちらはもはや絶滅危惧種に指定されそうなほど超マイナー。しかも、滅多に売られていない割に欲しがる人も少なすぎてプレミアもつかず。現状、不遇の一品。でも落ち物パズルの中でもメッチャ好きなんですよね~コレ。

† ゆるゆるなストーリーと親しみやすいキャラ †

プレイヤーは女神を支える6人の守護神の1人となり、混沌を司る神「ダクス」とその一味に捕えられた女神「クリアドネー」を救出しにいくというもの。とてもシンプルなストーリーに加え、ギャグ中心のお気楽会話で、誰でも気軽に楽しめる作品になっています。また、馴染みやすいキャラ、表情豊かなデフォルメアニメ、コミカルタッチのイラストなど、子供はもちろん、アニメ絵好きの大人にも好まれるんじゃないかと思います。自分はかなり気に入ってます!

† ひそかに声優が豪華 †

このゲームの推しポイントとして、忘れちゃいけないのが豪華声優陣! マイナーゲームにもかかわらず、声優はメジャーどころ揃い踏みの素敵メンバーです。「レイド」の「上田 祐司」さん(ポケットモンスター:タケシなど)、「トウリ」の「丹下 桜」さん(カードキャプターさくら:木之本桜など)に加え、不慮の事故でお亡くなりになった「塩沢 兼人」さん、コアなアニメファンに人気の「銀河 万丈」さんなど、往年の著名な声優が一堂に会しています。オマケメッセージやオマケシステムボイス付きなのもファンには嬉しいところ。

† 『ぷよぷよ』に近いゲーム性 †

基本ルールはほぼ『ぷよぷよ』。2つずつ落ちてくるオーブを縦か横に繋げればいいだけ。ただし、4つではなく3つで消せます。うわ~、3つって『ぷよぷよ』よりも消すの簡単~! しかもフィールドが11×11マスとかなり広いので、2個ずつ詰んで上の色を1つずつずらしていくだけの超シンプルな連鎖構築でも、10連鎖くらいまで楽に作れてしまいます。実に初心者に優しいパズルゲーム。

† 最大の特徴、フィールド大回転! †

そしてそして、これこそが目玉システム「フィールド大回転」! 「ターンオーブ」という矢印付きのオーブを消すだけで、画面全体が矢印の方向に回転します。これさえあれば、適当なタイミングで回転させるだけで、勝手に連鎖が起きてくれます。『ぷよぷよ』で連鎖とか全然組めないんだけどという方でも、これなら大連鎖を送り込む快感が楽しめる! やったね!!

† 連鎖が作れる人には不向きなゲーム? †

一方で連鎖を組むのが好きな人にとっては不評なようで……。なにせ、せっかく凝った連鎖を作っても、途中で回転させてしまうと台無しだし、お邪魔のクリアオーブにも弱く、回転まで考慮に入れて連鎖を組むのは至難の業。しかも運任せで大連鎖が決まることも多く、連鎖上級者にとっては面白くない展開になりがちと言えそうです。まぁ、それでも自力連鎖を組めた方が強いですけど。あとは、当時のレビューで勝負が長引きやすいことや、対戦中のテンポが若干悪いことも不満点として挙げられていたことがありました。

† 落ち物パズル初心者に強くオススメ! †

このゲームはホント落ち物パズルに慣れていない人こそ遊んでみて欲しいと思います。今Switchやスマホゲームでリメイクされたら、子供や女性にも人気出たんじゃないかな~。『ぷよぷよ』の応用が利くので、もちろん「ぷよ」好きの方にもオススメなんですけどね。オンライン対戦とかあったら、やはり回転も含めた連鎖を組んでくる人とかも現れるのだろうか……。それはそれでちょっと見てみたいかも。

『にじいろトゥインクル』のゲーム画面
▲ 画面下のデフォルメキャラのアニメが可愛い! 対戦中は集中しててなかなか見られないけども。
『にじいろトゥインクル』のゲーム画面
▲ ストーリーモードの対戦前には会話が楽しめる。「トウリ」の元気っぷりに癒されるのだ~★
『にじいろトゥインクル』のゲーム画面
▲ 今にも負けそうだが、よく見るとネクストオーブが下の緑と一致! 最後の最後まで諦めるなっ!
『にじいろトゥインクル』のゲーム画面
▲ この男がラスボスの「ダクス」。声優は若くしてお亡くなりになった名優「塩沢 兼人」さん。貴重!

独自採点

操作性 (説明の丁寧さ)
7点
グラフィック (絵・映像全般)
8点
サウンド (音楽・SE全般)
9点
ストーリー (設定・方向性)
8点
ゲームバランス (難易度調整)
8点
ゲームボリューム (データ量)
5点
ハマり度 (熱中度)
9点
わかりやすさ (手軽さ)
8点
テンポの良さ (快適さ)
7点
作業感の少なさ (単調感)
7点
得点補正
(豪華声優陣)
+3点
合計得点
79点

雑記帳

記録や攻略メモや小ネタやどうでもいいことを綴っていく雑記帳です。読んだところでさほど有益な情報はないでしょう。完全に自分用メモ。
総じてネタバレなので、プレイしてから読むのが吉。ネタバレ構わないよって方はドンドン読んじゃってどうぞ。稀に良い情報もあるかも?
裏技はこれだけは知っておいた方が良いかも的なものだけ抜粋。おまけに手順説明もかなり端折ってます。なんて中途半端なっ…!

● プレイ状況

【すと~り~モード】

最終進行状況:全キャラクターでエンディングを見た (コンティニューあり/難易度NORMAL)

● 雑記

【色数について】

オーブ3つで消えるので、そりゃ簡単に消え過ぎだろうと思ったりもしたんだけど、実際は色数が多い分、むしろドンドン溜まる。通常の6色に加え、ダクス陣営と戦うとさらに相手の色も1色加わり7色もあるため、まさに虹色。欲しい色がなっかなか来ない! 相手が大連鎖仕掛けてきて、こちらの連鎖も早く発火させたいという時には、「早くあの色来てーーーっ!!」と祈るような気持ちに。

【逆転について】

このゲームの良い所はかなりギリギリまで追い詰められても、クリアオーブを上手く使ってしぶとく粘れる所と、回転で大逆転を決められることがある所。上下回転を2回できれば窮地から一気に回復できるので、最後まで諦めずに戦える。このギリギリ耐えて逆転勝利した時の喜びは格別! とはいえ、さすがに6連鎖以上をまともに喰らってしまうと、粘る暇なくそのまま押し切られてしまうことも多いけど。

【CPUの強さについて】

レベルによって落とすスピードが違うものの思考はほぼ共通な印象。意図的に大連鎖を組むことはなさそうだが、余裕があるうちはあまり細かくは消さず、しっかりと積み込んでから消してくるので、回転を絡めて6連鎖以上を放ってくることも多々ある。粘り強さについては、ピンチを上手くさばいたな~と思うこともあれば、まだ空きがあるのにオーブの入り口を塞いで自滅したりすることもあり、なんとも……。でも、強過ぎず弱過ぎず、ちょうど良いくらいの難易度にはなってる印象。

【BGMについて】

BGM、良いっスね!! 特に「トウリ」と「シオン」のステージのBGMが大好きで大好きで。脳内再生余裕! 「レイド」のステージもテンション高めで、気分良く勝負できて好き。

【対戦中のセリフについて】

対戦中に喋るセリフがまた良い! お互いに余裕がある時の気楽な感じのセリフも良いし、ピンチになってBGMが速くなってからの、「ヤバい」「マズい」系のセリフ連呼がこれまたすごくテンション上がって楽しい! お互いピンチでなおかつ時間経過によりクリアオーブがポロポロ降ってくる状態になった時に、両方でワーワー言い合ってるのなんか、もう楽し過ぎる!!

● データメモ

【ボス達の攻撃パターン】

カイジン:右側からクリアオーブの壁が迫ってくるような攻撃。左端にあったオーブは消滅する。(2Pの場合は左右逆)
ノワール:全てのキャラのいずれかの攻撃パターンをランダムで繰り出してくる。全キャラに「カイジン」は含まれるが、「ダクス」は未確認。
ダクス:下から一段競り上がり+上から1列分のクリアオーブ。上下挟み撃ちの同時攻撃。

● 攻略メモ

  • 「すと~り~」モードでは、選んだキャラ・対戦するキャラに関係なく、前半に戦う相手は弱く、後半になるほど相手が強くなっていく。

● 豆知識

  • 対戦開始から一定時間以上経過すると、「EASY」「NORMAL」では1個、「HARD」では3個のクリアオーブが、両フィールドに交互に降ってくる。
  • CPUは6連鎖以上した時の追加自由回転をあまり使用しない。(…それとも一切使用しない?)

● 裏技

【おまけ収録】

本作のゲームCDの中にある「OMAKE」フォルダには、おまけのスクリーンセーバーとシステムボイスが収録されている。(※説明書に記載があるけど念のため)

● あるある(?)

  • 「ノワール」戦で、色が似ている紫オーブと黒オーブを見間違えて、「アレ? 消えないんですけど…??」ってなる。

● プチツッコミ

  • 子供の頃、「ソウセイ」さんの突然の発狂っぷりが怖くて、苦手だったという思い出が……。ゲームキャラならいいけど、現実にいたら距離置きたいタイプ。

● フリースペース

このページの最上部へ PC一覧へ戻る