ゲーム*やおよろず Retro

Zwei!! (ツヴァイ!!)

対応機種:PC (Windows)

『ツヴァイ!!』

◆プレイ方法:WinXP (パッケージ版)

▼ ゲーム(記事風)紹介 ▼

多くの名作ファンタジーを作り出した「日本ファルコム」から、男の子と女の子の2人組で冒険する全てが可愛いアクションRPGが登場! 舞台となるアルジェス大陸で、村から奪われた女神像を取り戻しに行こう。特徴の異なる2人を交代しながら、多彩なトラップをかいくぐっていくのだ。食べ物を食べてレベルアップなどの斬新でコミカルなシステムにも注目!

特徴

  • ファンタジーRPG
  • アクション戦闘
  • 常に2人で行動
  • 全部が可愛い
  • 食べてレベルアップ
  • 操作キャラチェンジ可
  • ダンジョン探索メイン
  • ペットと冒険
  • デスクトップ連携
  • やり込み要素多数

ゲームデータ

発売会社
日本ファルコム
開発会社
日本ファルコム
発売日
2001/12/20
価格
オープンプライス (※1)
プレイ人数
1人
難易度
普通
ジャンル
アクションRPG
テイスト
ファンタジーRPG
ターゲット層
万人向け
対応OS/機種
Windows 98/2000/Me/XP
認証システム
なし
媒体/形式
CD-ROM 1枚組 (※2)
ネット通信/オンライン機能
なし
専用機器・対応機器
ゲームパッド対応
備考
  • (※1) 通信販売では7,980円(税別)。
  • (※2) DVD-ROM版もあり。
  • Windows10の場合、インストール後に「zweipet.exe」からゲームを起動しようとしたところ、「IndeoR video 5.x Codecが初期化できませんでした。」というエラーが発生し起動できませんでした。ただし、右クリックメニューから「プロパティ」>「互換性」タブ>「互換モード」の「互換モードでこのプログラムを実行する」にチェックを入れ、OSに「Windows XP (Service Pack 2)」を選択したところ、エラーが発生しなくなり、起動することができました。(序盤のみ動作確認)
  • Ver.1.03にバージョンアップしてプレイしました。

プレイ記録

最終プレイ年月
2022年 06月
推定プレイ時間
28時間
自己クリア率
100%
お気に入り度
★★★★☆
オススメ度
★★★★
自己クリア条件
ラスボスを倒してエンディングを見る
最終進行状況
ラスボスを倒してエンディングを見た

プレイ動画

こちらは管理人がプレイしたままの動画です。ページ上部の紹介用動画とは異なりネタバレ満載! プレイ済みの方の回顧向けとなっております。
プレイしたところまでなので、ゲームによって、初見プレイ・体験のみ・途中まで・クリアまでと様々です。腕前は至極平凡、超凡人プレイ。
2つ目以降の動画を見る場合は、動画の下の番号ボタンをクリック♪ (※YouTubeのサイトへ移行します。限定公開動画です。)

番号プレイ内容動画時間
1通常プレイ PART101:51:09
2通常プレイ PART201:58:17
3通常プレイ PART301:59:58
4通常プレイ PART401:58:46
5通常プレイ PART501:53:17
6通常プレイ PART601:56:30
7通常プレイ PART701:56:22
8通常プレイ PART801:54:02
9通常プレイ PART901:55:10
10通常プレイ PART1001:59:40
11通常プレイ PART11 / エンディング01:49:27

ゲームレビュー

レビューといいつつ、思ったことをただひたすら書き連ねる単なる感想文です。誰がどう見てもかなりの駄文。文章下手でスミマセン…。
また、序盤しかプレイしていない触っただけのゲームなどは、的外れなコメントもあると思います。何卒お許しを~!
独自採点は、独断と偏見による超適当な採点です。ゲームの点数なんて人それぞれなんで、意味ないな~い!(*-∀-)ノ゙ (なのに書く)

† 自分の好みにジャストマッチ!! †

兎にも角にも全てが可愛いRPG。ちょっとあざと過ぎるくらいですが、問題ナッシング! 可愛いゲーム大好きな自分にとっては「ブラボー!」としか言いようがないファンシーさです。作ってくれてありがと~、日本ファルコム! 初めて記事を目にした時から購入を決めてました。もちろん発売日に新品で購入! キャラクターデザインも世界観も申し分ないです。全てが自分好み!!

† なのに積みゲーにしてた?! †

……と、絶賛レベルの大のお気に入りにもかかわらず、ゲーム序盤をプレイしたきりで積みゲーにした挙句、そのまま数年放置後、手放してしまいました。何やっとんねん~っ! 今回はゲームディスクだけを中古で買い直してのプレイ。Windows10でも一応動いたけど、念のためXPに変更しておこ。こ……今度こそちゃんとクリアします……。このゲームは未クリアのまま残してはいられない!

† 柔軟な操作系統 †

マウスとゲームパッドに両対応しているので、迷ったんですがマウスに決定。この方がアイテムが素早く使えるかなと。まぁ、実際やってみるとピンチ時に素早く回復アイテムにカーソルを合わせるのが難しく、若干失敗したかなとも思いましたけど……。でも、移動や戦闘は慣れてくればスムーズでした。割とザックリした戦闘なので、連打だけでも充分イケます。

† 二人で協力! 交代進行! †

左下の顔グラフィックをクリックすれば、操作キャラ交代可能! このゲームの醍醐味です! オマケに顔グラきゃわわ~。この絵メッチャ好みですわ~!! ……まぁ、それはいいとして、2人には異なった特性があり、「ポックル」は物が押せる、前方からの攻撃を剣で吸収するなどができ、「ピピロ」は魔法で広範囲攻撃、魔法で仕掛けを作動させるなどが可能です。なので攻略するのに交代は必須。操作キャラにより村の人々との会話が変化するのも楽しいです。どんどん交代するのが吉!

† 世にも珍しい食べてレベルアップ †

このゲームの大きな特徴の一つが敵を倒しても経験値が入らないこと。経験値を上げるには食べ物を食べなければなりません。なんて独創的なシステム。落ちた食べ物食べまくりだわ、「おにぎり」の経験値が2なのに対し、「おかゆ」の経験値が2925だったりだわで、ツッコミどころも満載ですが、そんな所も可愛い。「メロン」10個を交換したら「磯辺巻き」1個になったりして格下げ感半端ないとこも笑ってしまう。(もちろん性能的にはちゃんと上位品ですけど)

† 易しめだけど簡単ではない? †

難易度面は、見た目の可愛さほど簡単ではない感じでした。ただ、難しいというほどでもないです。遊んだ感触としては後半より序盤の方が苦戦した気が……。ボスも序盤の方が厳しかったです。3体目の水のボスが強かった~~~! 1レベル違うだけでも全然違うので、勝てなかったら頑張ってレベリングですね。ダンジョン内のギミックも豊富ですが、そこまで頭を使うような難解なパズルはないので、行き詰まることは早々ないかと。

† 「ポックル」と「ピピロ」の愛らしさにも注目! †

タイトルの『ツヴァイ!!』はドイツ語で「2」の意味。その名の通り、「ポックル」と「ピピロ」の2人1組を表しています。2人とも14歳なので勝手に双子をイメージしてたんですけど、「ピピロ」が姉で誕生日が「ポックル」より少し早いそう。しかも両親が異なるという義理の姉弟でした。性格は真逆ながら息はピッタリの仲良しコンビで、お互いにツッコミ合いながらも、信頼関係で結ばれている姿はまさに一心同体! 見ててホッコリしますね~。

† クリアしてもまだまだ遊べる!! †

冒頭の通り、このゲームは大のお気に入り! もちろん推奨です! 長年放置していたけど、今回クリアできて満足! ただ、クリアした後に図鑑を開いたら、結構記録がスッカスカで、まだまだ全然遊びきれてませんでした。行けていないダンジョンも数多くあるので、やり込みしないのはもったいないのですが、時間の都合もあり泣く泣くクリアまでで我慢。やり込み部分は攻略本必須なくらいかなり奥深そうです。

『ツヴァイ!!』のゲーム画面
▲ 右上の「!」標識は危険の合図。気付かずにこの青いドラゴンにちょっかい出して見事返り討ちに!
『ツヴァイ!!』のゲーム画面
▲ 袋の中はいつも食べ物だらけ。爆弾やダイナマイトと一緒に入れてるのもある意味すごいけど。
『ツヴァイ!!』のゲーム画面
▲ いや~っ! 串刺し~~!! トゲ鉄球やら爆弾やらカッターやらほのぼのなのに怖いトラップ!
『ツヴァイ!!』のゲーム画面
▲ 2人協力技のツープラトン! ザコなら一掃できる超強力技!! ボスに使うとなぜか回復される。

独自採点

操作性 (説明の丁寧さ)
7点
グラフィック (絵・映像全般)
10点
サウンド (音楽・SE全般)
8点
ストーリー (設定・方向性)
9点
ゲームバランス (難易度調整)
7点
ゲームボリューム (データ量)
9点
ハマり度 (熱中度)
8点
わかりやすさ (手軽さ)
8点
テンポの良さ (快適さ)
7点
作業感の少なさ (単調感)
6点
得点補正
(なし)
±0点
合計得点
79点

印象ポイント

4段階に良い点と気になる点をわけた○×レビュー! かなり率直に思ったことを書いてます。
良い点はそのまま褒めたいところを、悪い点は自分だったらこうする、こうだったらいいな的な要望です。…ちょっと愚痴っぽいかも?
カッコ内は理由や詳細ですが、かなり適当なので単なるオマケ。もちろん全て管理人の主観であり、万人の意見じゃないですので、あしからず~。

◆ 感動した点 ◆

  • 何から何まで可愛い! 可愛いは正義!! デザインのゆるめで明るくカラフルな配色も自分好みです
  • キャラクターやストーリーが魅力的 「ピピロ」と「ポックル」の二人の会話はもちろん、村人も個性的で賑やか。謎の多さもグッド!
  • 食べてレベルアップするシステムが斬新 食べる子は育つ!! 回復アイテムを兼ねているというのも妙味あり

◆ 良かった点 ◆

  • ダンジョンの仕掛けが工夫されている ワンパターンにならないよう、様々な趣向が凝らされているのが好感
  • クリア後のやり込みや収集要素が豊富 やり込めなかったけど、じっくり遊んで見たいと思わせる充実っぷり
  • 複数の操作方法に対応 操作の柔軟性は高く評価できます

◆ 気になった点 ◆

  • ダンジョンの次の行き先がバラバラでわかりにくい とっちらかった感じで場所を覚えるのが大変。もう少し素直な方が良かったかな
  • 気絶した敵の残り体力の有無が判別しづらい ドクロが消えたら倒してたんですね。倒した時点で当たり判定なくしてくれた方が…
  • ダンジョン攻略に必要なアイテムの切り替えが多く少し面倒 宝玉とかフックとか。変化を付けるためには仕方ないけども

◆ 残念だった点 ◆

  • ボス戦前の会話がスキップできない 地味に苦痛なヤツです。ボスも強めな上、会話も長め。特にラスボスの繰り返しはしんどい
  • クリアランクの条件が厳しい 普通のプレイだとまずブロンズだし、プラチナ狙いは超上級者向け。もう少し緩くしてほしー!
  • 防具のマイナスが多過ぎる 強化のための装備なのに、プラスとマイナスが同値だったり、弱点まで追加されては買う意味が…

雑記帳

記録や攻略メモや小ネタやどうでもいいことを綴っていく雑記帳です。読んだところでさほど有益な情報はないでしょう。完全に自分用メモ。
総じてネタバレなので、プレイしてから読むのが吉。ネタバレ構わないよって方はドンドン読んじゃってどうぞ。稀に良い情報もあるかも?
裏技はこれだけは知っておいた方が良いかも的なものだけ抜粋。おまけに手順説明もかなり端折ってます。なんて中途半端なっ…!

● プレイ状況

【通常プレイ】

最終進行状況:ラスボスを倒してエンディングを見た
クリアまでのプレイ時間:約22時間

● 雑記

【ポックルについて】

少年好きにはたまらない可愛い男の子。性格も実直で優しく、正義感が強い。料理や家事も得意なお嫁さんにしたい(?)少年くん。笑顔も爽やかで素敵。ダジャレ好きなのが最大の欠点だけど、むしろソコがいいなぁ~。結構ダジャレセンスあると思うんだけど……。「ピピロ」に振り回される苦労人な所にも同情。

【ピピロについて】

見た目の可愛さに反して、唯我独尊、傍若無人(ポックル談)な女の子。真面目な「ポックル」とは真逆で、清々しいほど自分の欲望に忠実なところが見てて楽しい。口は悪いけど根は優しいと思われる。たまに見せる弱さにギャップ萌えを感じるものの、やはり思ったことをズバズバ言う強気な「ピピロ」の方が彼女らしい。

【ペットについて】

最初に犬か猫のどちらか好きな方を選べるので、犬派も猫派も安心! 冒険に連れていくと、ちゃんと攻撃に参加してくれるのが偉い。さらにはドロップアイテムを瞬時にかき集めてくれるので、乱戦時に重宝する。また、デスクトップランチャーでも大活躍と、ただ可愛いだけでない貴重な存在。

【食べ物について】

美味しそうな食べ物がたくさん登場するこのゲーム。種類もたくさんあって面白いですが、豪華な食べ物ほど性能が良いってわけでもないのがまた面白いところで、序盤は「タコ焼き」や「焼き鳥」よりも「りんご」や「サンドイッチ」の方が高級品だったりするし、攻略本によると最高の経験値を持つ食べ物は「アメ」だったりとかなりカオス! 「キャンディー」から始まって最後は「アメ」って(笑)。

【シューティングについて】

ある場所で遊べるミニゲームにシューティングがあるんですが……。ムッズ!! マウスでプレイしたせいもあるけど、難しかったです。出現するアイテムを全て取ってやられなければ、パワーアップでたいぶ難易度が下がるんですけど、そこまでがなかなか……。プロペラで弾を消せたり、プロペラを飛ばして攻撃できたりと、芸達者なシューティングで出来は本格的。ステージは1つで短いけどね。あと、HARDは全く歯が立たず! 鬼ムズッ!! 「EASY」と「HARD」というよりは「NORMAL」と「VERY HARD」といった感じ。

【やり込みについて】

自分はクリアまでで終了したけど、攻略本を読んだら、まだまだ知らない要素が盛り沢山! 全アイテム収集や、図鑑を全て埋めるなどを目指すと、とんでもなく大変そうです。さらに全ダンジョンのクリアランクプラチナなんか目指そうものなら、それこそ修羅の道のり。その代わり、全部達成できたら大いに自慢していいと思います。自分が崇めさせていただきます。ハハーッ!!

● 攻略メモ

  • 基本的にダンジョンは推奨レベル通りに進めていけば間違いない。また、外のマップに出たら、最初に行けるところを全て一度回っておくのがオススメ。
  • 「プルトップ」や「空き缶」は、後々必要になるので売ってはいけない。
  • 同一の食べ物10個はなるべく交換してから食べた方が経験値がお得。10個揃うまで倉庫に溜めておくのも良い。
  • ボスが倒せない場合は、装備をはずしてしまい、回復アイテムを大量に持ち込む手もある。
  • ペットモニターのペットの行き先は「あっち」と「こっち」でランダムではなく固定。また、主人公のレベルによって結果が変わることがある。(攻略本より)
  • ゲーム後半の飛行機修理に必要な「プロペラ」と「エンジン」は、LV0のダンジョンの飛行機の墜落地点をよく探すと見つかるかも?

● 豆知識

  • 敵に倒されるとアイテムをランダムで落としてしまう。貴重なアイテムを落とした場合は「ラムゼイ」のお店で再度購入できる。
  • 使い道のわからないアイテムは、アイテム欄に入れて特定の場所で使用(右クリック)するとイベントが発生する場合がある。
  • 合体技の「ツープラトン」でボスを攻撃すると、攻撃後に与えたダメージ分だけ回復されてしまう。
  • 「プック村」の北東にある泉には爆弾などと同じ要領でアイテムを落とすことができる。アイテムを落とすと泉の精が出現する。
  • ペットのレベルを上げるには、「かつおフード」などのペット専用フードが必要。(攻略本より)

● My失敗談

【ゴミじゃないんかーーい!】

ゲーム序盤からちょこちょこと手に入っていたけど、何に使っていいかわからなかった「プルトップ」や「空き缶」。アイテム説明に「ゴミ…?」のようなことが書かれていたのでてっきりハズレアイテムなのかと思い、見つける度に売却。その後、ストーリーを進めると重要な収集アイテムだったことが判明! マジかぁーーーっ!! 途中から不安になって保管したけど、結構な数捨てちまったですよ……。しょぼんぬ。

【クリアするまでゲージ無視】

プレイしていて右下のところにメーターのようなゲージが表示されているな~と思ってはいたんですが、あろうことにクリアするまで全く何のゲージだがわからないままクリアしてしまいました。たまたま公式サイトの紹介を見たら、クリティカルゲージだったことが判明! 何ぃーーーっ!! 衝撃の事実!! ゲージが満タンになった時にタイミング良く攻撃するとクリティカルになるそうで。そんな重大なことを知らぬままクリアしてしまうとは……! だって説明書ないんですもの。トホホ~。

● あるある(?)

  • アイテム整理中に、誤って右クリックしてしまい食べ物を食べてしまう。経験値にはなるからいいけど~。ちょっとやらかした気分。

● プチツッコミ

  • 操作キャラのデフォルメ「ポックル」が常に笑顔で楽しそうなのがすごく気になる! いやまぁ、別に笑顔で敵蹴散らしたっていいんだけどさ。
  • 「ブロマイド」っていうアイテムが手に入ったんですが、コレ見れないんですかね? すごく見てみたいんですけど。

● フリースペース

このページの最上部へ PC一覧へ戻る