ゲーム*やおよろず Retro

SHOCK PRICE 500 GAME SERIES 百人一首

対応機種:PC (Windows)

『百人一首』

◆プレイ方法:WinXP (パッケージ版)

▼ ゲーム(記事風)紹介 ▼

リーズナブルな価格で人気を博した「SHOCK PRICE 500」シリーズ。本作では本格的な「百人一首」を楽しむことができるぞ。「練習」モードでは100枚全ての句を学べる他、どれだけ早く取得できるかのタイムアタックにも挑戦できる。「競技」モードでは、実際の競技かるたと同様のルールでCPUと対戦し、腕を磨くことが可能だ。もちろん読み上げ音声付き!

特徴

  • 500円シリーズ
  • カードゲーム
  • 百人一首
  • CPU対戦
  • 全100枚モード
  • 競技かるたモード
  • 成績記録
  • 短歌読み上げボイス
  • 競技難易度5段階
  • 取り札拡大機能

ゲームデータ

発売会社
ソニー・ミュージックエンターテインメント
開発会社
オフィス恒環/モスト・ミュージック
発売日
1999/09/22
価格
500円 (税別)
プレイ人数
1人
難易度
やや難しい
ジャンル
テーブルゲーム
テイスト
百人一首
ターゲット層
万人向け
対応OS/機種
Windows 95/98
認証システム
なし
媒体/形式
CD-ROM 1枚組
ネット通信/オンライン機能
なし
専用機器・対応機器
----
備考
  • ※管理人のWindows10ではインストールと起動はできましたが、1枚目の札を取得後に次の札が読まれず、進行不能になりました。
  • ※管理人のWindowsXPでは正常にプレイできましたが、プレイ中に中断を行うと次の札が動作が停止してしまう不具合が発生しました。

プレイ記録

最終プレイ年月
2022年 07月
推定プレイ時間
15時間
自己クリア率
100%
お気に入り度
★★★
オススメ度
★★☆
自己クリア条件
難易度「中級」に勝利する
最終進行状況
難易度「中級」に勝利した

プレイ動画

こちらは管理人がプレイしたままの動画です。ページ上部の紹介用動画とは異なりネタバレ満載! プレイ済みの方の回顧向けとなっております。
プレイしたところまでなので、ゲームによって、初見プレイ・体験のみ・途中まで・クリアまでと様々です。腕前は至極平凡、超凡人プレイ。
2つ目以降の動画を見る場合は、動画の下の番号ボタンをクリック♪ (※YouTubeのサイトへ移行します。限定公開動画です。)

番号プレイ内容動画時間
1練習モード (繰り返し3回)01:22:33
2競技モード (初級~超上級まで1回ずつ)01:54:04

ゲームレビュー

レビューといいつつ、思ったことをただひたすら書き連ねる単なる感想文です。誰がどう見てもかなりの駄文。文章下手でスミマセン…。
また、序盤しかプレイしていない触っただけのゲームなどは、的外れなコメントもあると思います。何卒お許しを~!
独自採点は、独断と偏見による超適当な採点です。ゲームの点数なんて人それぞれなんで、意味ないな~い!(*-∀-)ノ゙ (なのに書く)

† 学生時代以来の百人一首 †

こ……これはぁッ!! 中学生の頃に学校の行事で触って以来の和風カードゲーム「百人一首」! 普通のかるたですら、絶えて久しくなりぬれどなのに、百首もの短歌を覚えなければならないこの遊戯が来てしまいましたか……。当時は20首も覚えられなくて、百人一首大会でも結局下の句が詠まれてから探してた思い出しかないです。

† わざわざ百人一首の暗記を始めてしまう †

本来ならそこまで時間を費やすべきゲームではないんだけど、当時挫折してしまった百人一首の上の句取りに今一度挑戦したいという変なスイッチが入ってしまい、昔使用していた国語便覧を取り出して勉強を始めてしまいました。目標は「競技」モードの「中級」に勝つこと! なんで今になってこんなことしてるんだと自己問答しながらも、結構な時間を使ってがんばってしまいました。

† 記憶力がひどすぎ問題 †

……でも……ダメだ。全っ然頭に入らない! 学生の時よりも当然記憶力が低下しているわけで、一時的に覚えたと思ってもすぐに抜けてしまう。脳に定着しない。しかも、一応頭に残っていても、100枚の札を前に読み上げが開始されると、頭が真っ白になって何も思い出せなくなる。これは重症だ……。仕方ないので練習モードをひたすら反復練習して、失敗を元になんとか脳裏に焼き付ける作戦に変更しました。効率は悪いけど、一回ごとに数枚は記憶に固着できた……かな?

† いざ「競技」モード! †

多少は頭に入ったところで、いよいよ一般的な競技かるたと同様のルールで遊べる「競技」モードに挑戦! とりあえず難易度「入門級」で。あ、自分の札の配置って自由に決められるのね。配置の定跡がよくわからないので、覚えてるのを手前で記憶があやふやなのを奥に。後は適当。ひどくいい加減です。早速勝負してみましたが、さすがに入門は下の句を聞いてから探しても充分に取れる余裕があり、これは楽勝。

† 難易度「中級」からが本番 †

次に「初級」。実はこの初級が結構強い! 初級のCPUは下の句が詠まれてから取ってくるので、上の句を知らなくても取れないことはないんですが、詠み途中でズバッと取ってくる速度なので、下の句を聞いてから探すと間に合わないことが多い。上の句はちんぷんかんぷんというレベルだとかなり厳しい戦いです。そして「中級」になると、もはや下の句は聞かせてくれない! 覚えてない札はまず取れません! どれだけ記憶しているかが試される、まさに本番仕様です。CPUが取るまでにそれなりに間があるのが救い。2連敗しましたが、3戦目で辛うじて勝つことができました。やった……目標達成!!

† 難易度「上級」以降は競技経験者向け †

完敗覚悟で「上級」以上も試してみましたが、まあ早い早い。覚えていても記憶を呼び起こしている間に取られます。仮にすぐ下の句が思い出せても、今度は配置場所を探している間に取られるので全く勝負にならず。「最上級」に至っては、なんかもうカーソルを1ドットも動かせないうちに取られてるし。競技かるたの愛好家の方々はこんな速度でやるんか……! こんなのは自分の能力では手に負えないと早々に挑戦を放棄いたしました。付け焼刃じゃ無理です。ただ、実際に競技かるたを嗜んでいる方の練習には丁度良いかもしれませんね。

† 必要最低限だけど充分楽しめる †

ゲームの感想というより、ただのプレイ日記になってしまいましたが、本ソフト自体の出来は悪くないと思います。読み上げボイスは音吐朗々だし、遊びやすさの面でもいい感じ。ゲーム画面が札しかないので見た目は非常に地味ですが、遊んでみると意外と楽しめます。百人一首を題材にしたゲーム自体が希少ですし、相手がいなくても実物を用意しなくても遊べるという点は魅力。とは言え、できるなら人間同士で本物を遊んだ方が面白いのは言うまでもないんですけどねー。

『百人一首』のゲーム画面
▲ ここまで数が減れば後は反射神経と瞬発力の勝負! 狙っていた札が読まれたらパシーーンだッ!
『百人一首』のゲーム画面
▲ 「練習結果」の項目で各和歌の平均取得時間を確認できる。苦手がわかるので苦手克服に便利。
『百人一首』のゲーム画面
▲ 最上級はプロ並。最初の5文字を言い終わる辺りでもう取られている。せめてこの1枚だけでもー!

独自採点

操作性 (説明の丁寧さ)
7点
グラフィック (絵・映像全般)
5点
サウンド (音楽・SE全般)
7点
ストーリー (設定・方向性)
5点
ゲームバランス (難易度調整)
8点
ゲームボリューム (データ量)
3点
ハマり度 (熱中度)
7点
わかりやすさ (手軽さ)
8点
テンポの良さ (快適さ)
7点
作業感の少なさ (単調感)
3点
得点補正
(低価格)
+3点
合計得点
63点

雑記帳

記録や攻略メモや小ネタやどうでもいいことを綴っていく雑記帳です。読んだところでさほど有益な情報はないでしょう。完全に自分用メモ。
総じてネタバレなので、プレイしてから読むのが吉。ネタバレ構わないよって方はドンドン読んじゃってどうぞ。稀に良い情報もあるかも?
裏技はこれだけは知っておいた方が良いかも的なものだけ抜粋。おまけに手順説明もかなり端折ってます。なんて中途半端なっ…!

● プレイ状況

【練習モード】

最速平均タイム:8秒13

【競技モード】

超初級・初級・中級に勝利

● 雑記

【機能について】

低価格ゲーム故に派手な演出や便利な機能、面白システムなどは一切なし! しかし、成績記録機能と取り札の拡大機能だけは搭載されています。この2つはどちらも有用で、これらがあるだけでもかなり有り難いです。特に札が圧倒的に見やすくなる拡大機能はグッジョブ!

【暗記時間について】

暗記時間の初期設定が15分になっていて、「そんなにいらんわーーーっ!!」と思ってたら、「競技かるた」の公式ルールでは、暗記時間は15分が正式だそうで。まさか開始までにそんなに暗記時間を取るとは知らなかった……。自分じゃ15分も暗記してたら、最初の5分くらいで覚えた気になって、15分経った頃には全て忘れてそう。

【CPUについて】

「競技」モードのCPUは、難易度に応じて取ってくるタイミングがほぼ一定なので、対人戦のような相手より早く見つけられるかといった駆け引きは全くないです。もちろんお手つきもなし。取るタイミングが画一的でなく、もう少しムラのある思考だったらもっと面白かっただろうなぁ~。

● プチツッコミ

  • 「競技」モードで、試合が開始されると同時に「競技開始」の文字が表示されるのだが、その下にある札が隠されてしまうという衝撃の事案が発生! しかも札が読み上げられているのになかなか消えん! 邪魔やーーーーっ! (もしかしてXPでプレイしたから??)

● フリースペース

このページの最上部へ PC一覧へ戻る