ゲーム*やおよろず Retro

レイジレーサー

対応機種:PS

『レイジレーサー』

◆プレイ方法:PS (CD-ROM)

▼ ゲーム(記事風)紹介 ▼

「ナムコ」の人気カーレースゲーム『リッジレーサー』の第3弾にあたる作品。前作までとは異なり、グランプリモードで賞金を稼いでレーシングカーを買い替えたり、チューンナップすることが可能になっている。より上位のクラスで高額賞金を稼ごう! また、レースクイーンとしてシリーズのイメージキャラクターである「永瀬 麗子」が初登場しているのだ。

特徴

  • 正統派カーレース
  • マシンの購入
  • チューンナップ
  • 12台同時レース
  • 全4コース
  • 逆走コースあり
  • マニュアル限定車あり
  • 永瀬麗子初登場
  • タイムアタックあり
  • ネジコン対応

ゲームデータ

発売会社
ナムコ
開発会社
ナムコ
発売日
1996/12/03
価格
5,800円 (税別)
プレイ人数
1人
難易度
やや難しい
ジャンル
レース
テイスト
カーレース
ターゲット層
レース好き/車好き
ROM枚数
CD1枚組
専用機器・対応機器
ネジコン対応

プレイ記録

最終プレイ年月
2022年 10月
推定プレイ時間
4時間
自己クリア率
40%
お気に入り度
★★★
オススメ度
★★★☆
自己クリア条件
グランプリモードのClass5をクリアしてエンディングを見る
最終進行状況
グランプリモードのClass3到達まで

プレイ動画

こちらは管理人がプレイしたままの動画です。ページ上部の紹介用動画とは異なりネタバレ満載! プレイ済みの方の回顧向けとなっております。
プレイしたところまでなので、ゲームによって、初見プレイ・体験のみ・途中まで・クリアまでと様々です。腕前は至極平凡、超凡人プレイ。
2つ目以降の動画を見る場合は、動画の下の番号ボタンをクリック♪ (※YouTubeのサイトへ移行します。限定公開動画です。)

番号プレイ内容動画時間
1グランプリモード PART101:57:39
2グランプリモード PART2 ≪途中中断≫ / タイムアタック2回01:56:07

ゲームレビュー

レビューといいつつ、思ったことをただひたすら書き連ねる単なる感想文です。誰がどう見てもかなりの駄文。文章下手でスミマセン…。
また、序盤しかプレイしていない触っただけのゲームなどは、的外れなコメントもあると思います。何卒お許しを~!
独自採点は、独断と偏見による超適当な採点です。ゲームの点数なんて人それぞれなんで、意味ないな~い!(*-∀-)ノ゙ (なのに書く)

† 『リッジレーサー』シリーズのほぼ第3弾 †

『リッジレーサー』に似たタイトルの『レイジレーサー』です。実は自分はこのゲーム、タイトルが似ているけど『リッジレーサー』とは全く別のゲームだと勘違いしてました。『リッジレーサー』の第3弾に相当する作品なんですねー。しまった……それなら両方持ってたんだし、『リッジレーサー』の方を先にやれば良かった……。(;-Д-)

† 『グランツーリスモ』とは真逆のお手軽操作 †

以前プレイした「ソニー (SCE)」の『グランツーリスモ』は重厚感があって、操作が繊細で、リアリティがすごいという印象だったんですが、こちらはレースゲームらしいゲームというか、疾走感やスピード感のある走りを簡単操作で楽しめるという感じでした。車に精通していない自分はこちらの方が好みかなー。

† 最初こそそれなりに走れたものの…… †

さすがに最初のクラスは敵車も遅く、3位以内に余裕を持って入れたんですが、クラス2に上がった時点で既に3位ギリギリの当落線上。賞金を稼げば、新しいマシンを買ったり、チューンナップができるということなので、そのクラス相応の車を購入し、性能アップをしたところ、なんとか良い線まで行けるようになりました。にしても、1着が遠い……! 結局1着取れたの1回だけ。

† クラス3で完全に足踏み †

クラス3ともなると、グッと相手も強くなり、全く歯が立たなくなりました。ドリフトがまともにできないので、ヘアピンカーブなんかもう最悪。毎度ガシガシぶつかりながら曲がるハメに。かといって、減速でカーブしようものなら、半端にドリフトがかかりスリップ状態に。こんな走りでは勝てるわけもなく……。グレード3にチューンナップしたら、見違えるくらい走りやすくなったんですが、それでも3位入線が関の山という始末。下手過ぎる~!

† レース感覚は気持ち良い †

コースの数は共用部分ありで4コースとかなり少なく感じるんですが、コース自体は非常に良く整備されていて、ルートもわかりやすく、レースの疾走感は充分楽しめました。急坂やトンネル、山あい、橋、そしてサーキットと景色も変わり、気分良く突っ走れます。各々の景色も綺麗。また、ぶつかることはあっても、コースアウトすることはないので、安心安全でいいですね~。気が楽だわ~。

† ライバル車には強敵とザコ敵がいる †

プレイし始めの頃はそれほど気にならなかったんですが、途中でやたら速い車とそうでない車がいるなと思い始め、チラっと攻略サイトを覗いてみたら、やはり明確に分かれているようです。どのクラスでも共通で4台は強力なライバル、残りは弱小ライバル。よく見るとライバルにもそれぞれ固有の車種があり、しかもクラスごとに違うとのこと。へぇ、よく見てなかったけど意外なこだわりが……。そういうのいいな。

† ゲームは面白いけど自分の下手さに呆れる †

自らが思うゲームの不満点としては、コースが少ない、賞金のインフレが激しい、ドリフトが難しい……くらい。『マリオカート』のドリフトが如何にやりやすかったのかとつくづく感じるほど。CPUがコーナーを華麗に曲がり過ぎてて「ずるいぞぉぉ!!」と叫びたくなります。でもレースゲーム全体としては安定した面白さでした。変に凝ってなくて、こういうのでいいんだよ的な。ただ、自分のレース下手は本当全然成長しないなぁと改めて実感。レースゲーム嫌いじゃないんだけど、下手過ぎて凹むわ……。

『レイジレーサー』のゲーム画面
▲ 全12台の車が同時に疾走していく! 起伏に富んだ地形でスリリングなレースが展開されるぞ!
『レイジレーサー』のゲーム画面
▲ 3着までに入れれば賞金をゲットできる。全然1着取れないから、3着でチマチマ稼いでやる~!
『レイジレーサー』のゲーム画面
▲ しかし、1ランク上の車を買おうとすると値段が1桁違う。こればかりは優勝しないと無理そう…。

独自採点

操作性 (説明の丁寧さ)
7点
グラフィック (絵・映像全般)
7点
サウンド (音楽・SE全般)
8点
ストーリー (設定・方向性)
7点
ゲームバランス (難易度調整)
6点
ゲームボリューム (データ量)
5点
ハマり度 (熱中度)
8点
わかりやすさ (手軽さ)
9点
テンポの良さ (快適さ)
8点
作業感の少なさ (単調感)
6点
得点補正
(なし)
±0点
合計得点
71点

雑記帳

記録や攻略メモや小ネタやどうでもいいことを綴っていく雑記帳です。読んだところでさほど有益な情報はないでしょう。完全に自分用メモ。
総じてネタバレなので、プレイしてから読むのが吉。ネタバレ構わないよって方はドンドン読んじゃってどうぞ。稀に良い情報もあるかも?
裏技はこれだけは知っておいた方が良いかも的なものだけ抜粋。おまけに手順説明もかなり端折ってます。なんて中途半端なっ…!

● プレイ状況

【グランプリモード】

最終進行状況:Class3到達まで
プレイ時間:約4時間

● 雑記

【シフトチェンジのマニュアル操作について】

エンジンのギアはMT(マニュアルトランスミッション)とAT(オートマチック)の2種類があり、いつでも変更可能だが、中にはマニュアル限定車というものが存在するらしく、後半で優勝を狙うにはマニュアルは避けて通れない道になっている模様。マニュアル一度試してみたんだけど、これがまた相当慣れないととてもとても……。前方を見ないでずっとギアばっかり見てる危険運転になってたなーと。ただ、使いこなせれば圧倒的にこちらが有利なはず。練習あるのみですかね~。

【弱いライバル車について】

クラス1くらいの時は全然問題ないけど、クラス3あたりだと弱いライバル車もそれなりに速くて、前方をウロウロされて進路を塞がれることがしばしば。抜こうとするやいなや小刻みにズレてぶつけてくることもあって、非常に邪魔。そうこうしてる間に強いライバル車に後ろからスルスルっと抜けて行かれると「ムキーーーッ!!」ってなるわけですよ。あやつら、あまり他車同士だと接触しないし。もしや結託してる?!

● 攻略メモ

  • スタート時にエンジンを吹かす際、メーターがレッドゾーンに入ってしまうとスタートに失敗してしまう。GOの時にメーターの4~5あたりに針が来ているのがベスト。

● 豆知識

  • 強いライバルは4台おり、その強いライバルを抜いている間、その先にいる強いライバルの速度が落ちる。そして近づくと通常の速度に戻る。例として、3位のライバル車を抜くと、2位のライバル車の速度が落ちる。3位のライバルに抜き返されると、2位のライバル車の速度が通常の速度に戻る。なるべく早く抜いて、抜いた状態を維持することが大事。弱いライバル車は判定に含まれず無視される。 (※攻略サイトより)

● 裏技

【反転コース】

車とコースを選択してレース画面へ移行する際に、「L1」「R1」「スタート」を画面が切り替わるまで押し続ける。

● フリースペース

このページの最上部へ PS一覧へ戻る