ゲーム*やおよろず Retro

ポケットザウルス 十王剣の謎

対応機種:FC

『ポケットザウルス 十王剣の謎』

◆プレイ方法:FC (ROMカセット)

▼ ゲーム(記事風)紹介 ▼

時空大帝「サラマンダー」の恐竜化の魔法により「ハシモトザウルス」となってしまった名人「ハシモト」が、元の姿へ戻るために「サラマンダー」を倒しに行く物語。「サラマンダー」を倒すには5本の「十王剣」を手に入れ、その謎を解かねばならない。道中で突然クイズが出題されたり、シューティングステージが登場するなど、斬新な試みが多く詰め込まれているぞ!

特徴

  • 横スクロールACT
  • 実在名人モチーフ
  • 全5ステージ+α
  • ラスボスと疑似戦
  • いきなりクイズ
  • シューティングステージ
  • 説明書必須
  • 暗号メモ必須
  • 難易度2段階
  • ステージランダム進行

ゲームデータ

発売会社
バンダイ
開発会社
トーセ
発売日
1987/02/27
価格
5,500円 (税別)
プレイ人数
1人
難易度
難しい
ジャンル
アクション
テイスト
横スクロールアクション
ターゲット層
小・中学生

プレイ記録

最終プレイ年月
2022年 10月
推定プレイ時間
5時間
自己クリア率
60%
お気に入り度
★★☆
オススメ度
★★★
自己クリア条件
エンディングを見る
最終進行状況
「恐竜島」「未来都市」「妖怪魔境」をクリアまで

プレイ動画

こちらは管理人がプレイしたままの動画です。ページ上部の紹介用動画とは異なりネタバレ満載! プレイ済みの方の回顧向けとなっております。
プレイしたところまでなので、ゲームによって、初見プレイ・体験のみ・途中まで・クリアまでと様々です。腕前は至極平凡、超凡人プレイ。
2つ目以降の動画を見る場合は、動画の下の番号ボタンをクリック♪ (※YouTubeのサイトへ移行します。限定公開動画です。)

番号プレイ内容動画時間
1通常プレイ (攻略情報なしでプレイ) 01:59:59
2通常プレイ (攻略情報を確認してプレイ) ≪途中まで≫ 01:24:42

ゲームレビュー

レビューといいつつ、思ったことをただひたすら書き連ねる単なる感想文です。誰がどう見てもかなりの駄文。文章下手でスミマセン…。
また、序盤しかプレイしていない触っただけのゲームなどは、的外れなコメントもあると思います。何卒お許しを~!
独自採点は、独断と偏見による超適当な採点です。ゲームの点数なんて人それぞれなんで、意味ないな~い!(*-∀-)ノ゙ (なのに書く)

† クリアには説明書が必須?! †

う~~ん。悔しいけど、クリアできない! いや、攻略情報なしでは、どちらにしろクリアはほぼ絶望的だったかもしれない。何しろこのゲーム、説明書に掲載されているクロスワードパズルを解いてヒントを得ないと、ラスボスを倒せないという仕様! カセットのみの所有で説明書を持っていなかったので、仮に自力でラスボスまで辿り着いたとしても、倒す方法がわからず完全に詰んでました。まさか、そんな説明書必須なゲームがあるとは……!

† 往年の三大名人の一人、バンダイの橋本名人が主人公 †

このゲームの主人公は恐竜にされてしまった「橋本名人」! 「高橋名人」「毛利名人」と並ぶゲーム名人御三家の1人です。「橋本名人」に恐竜化の魔法をかけた「時空大帝サラマンダー」を倒さなければ元の姿には戻れないというストーリーで、その「時空大帝サラマンダー」を倒すには「十王剣」の謎を解かなければならないというのが一大テーマになっています。

† 今見ても斬新な要素がたくさん! †

さすがファミコン時代! 何でもありですね! ゲームの途中にいきなりクイズが出題されたり、ゲームオーバー時にラスボスに勝負を挑めたり、ザコ敵がしゃべったり、ボスを倒した後に暗号入力があったり……。今では思いつかなそうな遊び要素がたくさん。中でもやはり"説明書がないとクリアできない"は突き抜けた設定で、知った時はまさかそーくるのかと仰天ものでした。やっぱファミコン色々凄いわー。

† 全面クリアは茨の道 †

個人的な印象ではこのゲームは"難しい"です。攻略情報を得た上でプレイしてもクリアに届きませんでした。管理人が下手なのはあると思うですが、それでもこのゲームを楽々クリア出来たら大したもんでしょう。操作性は良好ですが、敵から受けるダメージが結構大きく、回復アイテムの出現は運次第なところもあり、運悪くやられることも多いです。また、コンティニューマークを取れずにやられると、最初からやり直しになってしまうのも怖いところ。なので後半になるほど痺れる緊張感があります。

† 進むにはひたすら慣れが必要 †

自分はというと……まず最初の「恐竜島」で詰まってました。慣れるとあっさり倒せる「ブラックザウルス将軍」も最初はかなり苦戦! でもって、倒したら次のステージがランダムという衝撃! まさか毎回違ったステージが2面にくるとは……。「未来都市」が比較的進みやすかったんですが、ボスの「バグ大王」が何度やっても倒せないっ!! コンティニューはできても、そのステージの最初からなので、再挑戦するだけでも気が滅入る。結局、攻略情報なしではここまでが限界。

† 攻略情報を得て再戦! †

「バグ大王」はシールドが空いた時にしかダメージが入らないということがわかり、真下をキープしつつ上攻撃で狙うべしとのこと。その通りにやろうとして失敗し、「え? これでもダメじゃん?!」と思ったものの、2回目で撃破に成功! 確かに上手くいった時は早かった! 「妖怪魔境」はボスよりも道中が厳しい! 「鬼」が放ってくる3方向弾が避けにくい上に痛すぎ! また後半も倒しにくい敵が多く、ボス到達の頃にはボロボロ。ただ、ここのボス「ベリアル」がかなり弱めなのが救いで、なんとかクリア達成!

† 恐怖の「エジプト」ステージ †

「エジプト」ステージ! ここなんですけど、どこの情報サイト見ても、大体ここが鬼門のようなことが書かれてました。確かにムズい!! 後半の連続分岐の部分については、先に攻略情報を見てしまったのでアレなんですが、情報なしだったら戻されまくって放り投げたくなりそう。しかし、個人的には後半よりも前半が苦手で……。パターン覚えてても対処しづらい、石つぶてやヤリ、吸血が痛すぎ。そんでもってボスの「ツタンカーム大王」ですよ! 冷静にと思っていても、どうしても焦りが……。結局5~6度くらい挑んでも倒せず、ここで無念のリタイア……。ステージ最初からやり直しの辛さにメンタルブレイク。

† 時間さえ掛ければおそらくクリアは可能 †

今回は時間の都合もありリタイアしてしまいましたが、プレイする度に長く進めるようにはなったので、おそらく時間さえ掛けられれば、クリアは可能だったかも。でも、自分のヘナチョコな腕前ではあと5時間~15時間くらいは必要そう。攻略本や攻略サイトは、クリアするか完全に行き詰まるまで極力見ない主義なんですが、これは早々に見ておいて良かったです。自力じゃ無理だった……。

† 挑戦しがいのある作品ですが…… †

クリアしようとすると相当の苦難を覚悟しなければなりませんが、理不尽なほどの難易度ではないです。極端に難度の高いゲームがあるファミコンソフトの中では、むしろ中くらいの難度と言ってもいいかもしれません。ただ、説明書を非所持の場合は、攻略サイトがクリアに絶対に必要になる点にはご注意! クリアへの挑戦しがいはあるゲームなので、やり込む時間と根気がある方はぜひ試してみてください! 根性必須!

『ポケットザウルス 十王剣の謎』のゲーム画面
▲ ゲームオーバー時に最終戦を模擬体験できるという稀有なシステムを搭載。絶対勝てないけど。
『ポケットザウルス 十王剣の謎』のゲーム画面
▲ なんと横スクロールシューティングまで。攻撃はそこまで激しくないが被害はそれなりに受ける。
『ポケットザウルス 十王剣の謎』のゲーム画面
▲ 「妖怪魔境」。ボスはそれほどでもないが、道中の敵が手強い。特に鬼の大ダメージ攻撃は脅威!
『ポケットザウルス 十王剣の謎』のゲーム画面
▲ 難度が高いと評判の「エジプト」ステージ。前半は初見殺しがたくさんあり、後半も大迷宮……。
『ポケットザウルス 十王剣の謎』のゲーム画面
▲ 「ツタンカーム大王」が倒せない~~~っ!! 説明書では三兄弟らしいのにメッチャ女言葉だし!!

独自採点

操作性 (説明の丁寧さ)
8点
グラフィック (絵・映像全般)
7点
サウンド (音楽・SE全般)
7点
ストーリー (設定・方向性)
6点
ゲームバランス (難易度調整)
6点
ゲームボリューム (データ量)
8点
ハマり度 (熱中度)
7点
わかりやすさ (手軽さ)
8点
テンポの良さ (快適さ)
7点
作業感の少なさ (単調感)
3点
得点補正
(※やり直しがキツい)
-3点
合計得点
64点

雑記帳

記録や攻略メモや小ネタやどうでもいいことを綴っていく雑記帳です。読んだところでさほど有益な情報はないでしょう。完全に自分用メモ。
総じてネタバレなので、プレイしてから読むのが吉。ネタバレ構わないよって方はドンドン読んじゃってどうぞ。稀に良い情報もあるかも?
裏技はこれだけは知っておいた方が良いかも的なものだけ抜粋。おまけに手順説明もかなり端折ってます。なんて中途半端なっ…!

● プレイ状況

【バリバリ ボクモード】

最終進行状況:「恐竜島」「未来都市」「妖怪魔境」をクリアまで
プレイ時間:5時間
ハイスコア:148,040点

● 雑記

【難易度選択について】

「パパモード」と「バリバリボクモード」との違いは、「パパモード」は最初の「恐竜島」が「バリバリボクモード」より簡単になっているとのこと (※ゲームカタログ@Wiki様の情報より)。いや、てっきり「ボクモード」が子供向けで、「パパモード」が大人向けの難しい難度ってことかと思ってた。逆なのね……。しかも簡単になるのは最初のステージのみかぁ~。全体的に簡単にしてもいいくらいの難易度なんだけどなあ。

【とつぜんポケットクイズについて】

初見の時は「何ぃ! マジで?!」と、その発想はなかったと感心しまくり。クイズの内容についても、多少鬼畜な問題があっても2択だし、覚えてしまえばいいので問題なし! 愉快な出題もあり楽しい! ただ、繰り返しプレイしてると、その度に足止めされてだんだん面倒になってくるのがね……。特に早くボスに再戦を挑みに行きたい時なんかは「邪魔やーーっ!!」になっちゃう。

【「コマンダー」について】

イナズマに当たると強制バトルとなる「コマンダー」。暗号のために1度は倒しておきたいけど、それ以降は自分の被害が増えるだけなので、極力戦いたくない相手。でもあのイナズマ、警戒してても当たる時は当たっちゃうんだよねぇ。倒した時に30,000点もらえるならパワー回復するし、戦ってもいいかな~とも思うけど。

【「神々の時代」について】

最終ステージの「神々の時代」。ここだけ見られなかったので、チラっと見てみたかった~。「ツタンカーム大王」さえ倒せていれば……。まあ、このステージも相当厳しいらしいので、行けたところでというのはあったけど。

【読者のアイディアについて】

異色な要素の多いこのゲームなんですが、『ファミリーコンピュータMagazine』の企画で読者のアイディアを募って開発されたゲームとのこと。なるほど、色々ぶっ飛んでるところがあるのはそのせいなのか~。納得!

● データメモ

【各ステージの暗号】

恐竜島:ABLR (ボス撃破後の"暗号を入力せよ"の時に、Aボタン→Bボタン→左矢印→右矢印の順に押す)
エジプト:BLUA (Bボタン→左矢印→上矢印→Aボタン)
未来都市:LRBD (左矢印→右矢印→Bボタン→下矢印)
妖怪魔境:AADL (Aボタン→Aボタン→下矢印→左矢印)
神々の時代:UDAR (上矢印→下矢印→Aボタン→右矢印)

【十王剣の謎】

恐竜島/紫色/ブラックザウルス将軍:シンデンノウエヲツク
エジプト/黄色/ツタンカーム大王:ヒダリノゾウニオク
妖怪魔境/緑色/魔王ベリアル:ミギノハシラノウエニオク
未来都市/白色/バグ大王:ミギガワノゾウ(ミギガワノトウ?)ニオク
神々の時代/黒色/グリーンザウルス皇帝:イリグチニカカゲル

● 攻略メモ

  • 説明書の「クロスワードパズル」を解かない限り、このゲームはクリアできない。
  • 「コマンダー」を倒した時に取得できる暗号は、メモに控えてしまえばそれ以降は戦う必要はない。
  • 「エジプト」のI~VIIまである3つの扉は、右、右、左、左でパワーアップしてから右、中央、中央、右の順。
  • 「未来都市」のボス「バグ大王」は、シールドが解除されているタイミングでしかダメージを与えられない。真下に張り付いて上攻撃が有効。
  • 「妖怪魔境」のボス「ベリアル」は、ダメージを与えて分裂したら、帽子→指→口→目玉の順でしか倒せない。
  • 「エジプト」のボス「ツタンカーム大王」は、落ちてくるピンク色のアイテムを拾って、口を塞ぐと倒せる。口とアイテムが重なった瞬間にBボタンが一番狙いやすいが、判定とタイミングが結構シビア。
  • 「恐竜島」の「プロントス (首長竜)」がいる場所から、左に5本目のヤシの木の中央付近に隠し通路の入り口がある。

● 豆知識

  • 「未来都市」の「CAFE」は入り口でしばらく止まっていると入れる。パワー回復!
  • スコアは30,000点獲得するごとに、パワーが半分回復する。
  • 1UPアイテムは、ダイヤを5個持っていないと擦り抜けて取れない。取る場合はダイヤ5個と交換。
  • 「神々の時代」では、1番目もしくは3番目の穴に落ちるとコンティニューマークが取れる。

● あるある(?)

  • パワーが1も残ってない時に「ボトラノドン」から出てきた「ドラクラ」に接触して死ぬ。かなり悔しい死に方!

● プチツッコミ

  • 五本の「十王剣」……。10本ありそうで紛らわしいので「五王剣」じゃダメだったんだろうか……?
  • クイズに「亀仙人」やら「パフパフ」という、他所の著作物が平気で使用されているところが実にファミコンらしくて良いですなぁ。今じゃ指摘されるよね……。

● フリースペース

このページの最上部へ FC一覧へ戻る