ゲーム*やおよろず Retro

すごまん Online with 結い橋娘。

対応機種:PC (Windows)

『すごまん Online with 結い橋娘。』

◆プレイ方法:Win10 (パッケージ版)

▼ ゲーム(記事風)紹介 ▼

「ういんどみる」が制作した恋愛アドベンチャー『結い橋 (ゆいばし)』のヒロイン4人を、すごろくで争奪する対戦型ボードゲームだ。買い取りで自分のマスを増やしつつヒロインとデートを重ね、自宅に彼女を留守番させたまま、もう一周できれば勝利。アイテムやイベントマスも利用し有利に進めよう。全年齢対象で安心。ネットでの対戦も可能だぞ!

特徴

  • すごろく
  • ヒロイン争奪
  • 4人対戦形式
  • CPU対戦可能
  • プレイヤー同士可能
  • 6種類のマップ
  • モノポリー風ルール
  • 簡易いたスト
  • 結い橋ヒロイン
  • まんじゅう

ゲームデータ

発売会社
ういんどみる
開発会社
ういんどみる
発売日
2003/12/28
価格
?,???円 (不明)
プレイ人数
1人~4人
難易度
普通
ジャンル
ボードゲーム
テイスト
モノポリー風すごろく
ターゲット層
万人向け/原作ファン
対応OS/機種
Windows 98/2000/Me/XP
認証システム
なし
媒体/形式
CD-ROM 1枚組
ネット通信/オンライン機能
ネットワーク対戦可能(※1)
専用機器・対応機器
----
備考
  • Windows10でも動作しましたが、インストール時や終了時に反応しない、もしくは動作が停止することがありました。
  • ※1 タイトルに「Online」とありますが、一般的なオンラインゲームではありません。1人のユーザーがホストとなり、そのホストのIPアドレスを教えてもらったユーザー同士でネットワーク対戦することができます。

プレイ記録

最終プレイ年月
2022年 03月
推定プレイ時間
3時間
自己クリア率
0%
お気に入り度
★★★
オススメ度
★★☆
自己クリア条件
いずれかのマップで勝利する
最終進行状況
勝利ならず

プレイ動画

こちらは管理人がプレイしたままの動画です。ページ上部の紹介用動画とは異なりネタバレ満載! プレイ済みの方の回顧向けとなっております。
プレイしたところまでなので、ゲームによって、初見プレイ・体験のみ・途中まで・クリアまでと様々です。腕前は至極平凡、超凡人プレイ。
2つ目以降の動画を見る場合は、動画の下の番号ボタンをクリック♪ (※YouTubeのサイトへ移行します。限定公開動画です。)

番号プレイ内容動画時間
1CPU対戦 (練習用のミニマップ) 01:41:01
2CPU対戦 (少し大きい長期戦型) 00:32:39

ゲームレビュー

レビューといいつつ、思ったことをただひたすら書き連ねる単なる感想文です。誰がどう見てもかなりの駄文。文章下手でスミマセン…。
また、序盤しかプレイしていない触っただけのゲームなどは、的外れなコメントもあると思います。何卒お許しを~!
独自採点は、独断と偏見による超適当な採点です。ゲームの点数なんて人それぞれなんで、意味ないな~い!(*-∀-)ノ゙ (なのに書く)

† 手軽に遊べそうな雰囲気に衝動買い †

まったく内容を知らなかったんですが、とりあえずボードゲームっぽかったので勢いで買ってしまったゲーム。パッケージの雰囲気で同人ゲームかと思ったら、れっきとしたメーカー製品でした。パッケージにはすごろくで『結い橋 (ゆいばし)』のヒロインを奪い合うと書かれていますね。『結い橋』……う~ん、ごめんなさい。全然知らない……。(調べたらアダルトソフトでした。なるほど。)

† ほんわか可愛い対戦ボードゲーム †

プレイしてみると、『いただきストリート』や『モノポリー』タイプのボードゲーム。パステルカラーを意識した淡い色合いのデザインが可愛らしいです。すごく目に優しい。しかし、目的は他のプレイヤーが彼女と仲良くなることを邪魔しつつ、自分はヒロインと同棲(?)することを目指す、なかなかに邪(よこしま)な内容。『結い橋』の本編を知らないのでよくわからないのですが、プレイヤーはみんな「一海」で、「一海」同士で出し抜き合いをしているとのこと。そそそ、それってどういうことーーー!?

† 簡易タイプの土地取り合戦 †

ま、まぁ、ストーリーは置いといて、ゲームシステムは至ってシンプルな土地取り系すごろく。自分のマスを増やして、自分のマスを踏んだ相手からお金が取れるアレです。交渉、株、土地の独占的な要素はないので、初心者でも遊びやすいです。プレイヤーはアイテムの使い方を考えたり、マスを高値で買い取るかどうかや、ヒロインの扱い方などで戦略の腕が試されますが、ゴールできるかは展開によることも多く、他の作品に比べると、運の要素が強いように感じます。

† あまりインフレしないので1戦が長い! †

まず1戦プレイしてみた感想。……長~~い!! 勝負つかねぇ~!! 「練習マップ」ですよ?! なんか、あまり所持金がインフレしないせいか、開始から1時間してもあまり差がつかなくて……これもうどうしてくれよう! 極端にインフレするよりは全然いいんですが、これはこれで泥仕合のようになってしまって、正直誰でもいいからゴールしてくれって感じでした。CPUってば、友好度を減らす「クモ」大好きね。……そしてようやく1時間40分が経過してCPUが勝ちました。悔しいと言えば悔しいけど、むしろ終わらせてくれたことに感謝したい気分!?

† 一転して早期決着も?! †

分岐のあるマップも体験しておきたかったので、2戦目に「少し大きい長期戦型」を選択。いや……練習マップで1時間40分かかったのに、長期戦型なんて選んだら一体何時間かかるんだよっていう怖さはあったんですが、とりあえず挑戦! …………あれ? 30分ほどで決着ついちゃいました。CPUが勝ったんですけど、なんかもう阻止する暇も手段もなくあっという間に。え? 1戦目のアレは何だったのか……? 実は広いマップの方がゴールは楽??

† 雰囲気は◎、ゲームは△ †

総評すると、女の子の絵は可愛い、ボイスあり、淡いトーンのゲーム画面など、見た目はバッチリです。ゲーム部分はちょっと単調。意図的に妨害する手段に乏しく、戦略性に欠けるなど、勝敗は運が大部分を占めてしまうのが難点かなと。基本遊びやすいですが、友好度の上がり下がりのルールや、彼女を留守番させてもう一周という勝利条件が若干わかりにくいのも惜しい。あくまで若干くらいですけど。一度覚えてしまえば難なし。あとはボリューム的にやや寂しいくらい……かな。オススメまではいかないけど悪くはないです。興味があればどうぞ~。

『すごまん Online with 結い橋娘。』のゲーム画面
▲ 人の恋路を邪魔するゲーム。まぁ、プレイヤーはみんな「一海」らしいんだけど。どういう設定?!
『すごまん Online with 結い橋娘。』のゲーム画面
▲ イベントマスに止まればドキドキのランダムイベント! 良い場合が多いので踏めたらラッキー。
『すごまん Online with 結い橋娘。』のゲーム画面
▲ くっ! 負けた…! でも、一勝負で1時間40分という泥仕合に決着をつけてくれてありがとう!(笑)

独自採点

操作性 (説明の丁寧さ)
8点
グラフィック (絵・映像全般)
8点
サウンド (音楽・SE全般)
7点
ストーリー (設定・方向性)
5点
ゲームバランス (難易度調整)
7点
ゲームボリューム (データ量)
5点
ハマり度 (熱中度)
7点
わかりやすさ (手軽さ)
8点
テンポの良さ (快適さ)
8点
作業感の少なさ (単調感)
5点
得点補正
(なし)
±0点
合計得点
68点

雑記帳

記録や攻略メモや小ネタやどうでもいいことを綴っていく雑記帳です。読んだところでさほど有益な情報はないでしょう。完全に自分用メモ。
総じてネタバレなので、プレイしてから読むのが吉。ネタバレ構わないよって方はドンドン読んじゃってどうぞ。稀に良い情報もあるかも?
裏技はこれだけは知っておいた方が良いかも的なものだけ抜粋。おまけに手順説明もかなり端折ってます。なんて中途半端なっ…!

● プレイ状況

【CPUと対戦】

最終進行状況:2戦2敗

● 雑記

【アイテムについて】

他のプレイヤーのマスを無料で奪い取れるアイテム「権利書」。止まったマスで使えるのかと思ったら、サイコロ振る前に使わないといけないのね……。2段階目以上の高額の土地に止まらないと赤字なので、かなりの賭け。強力かと思いきやすごく使い辛かった。「爆弾」も仕掛けるタイミングがシビアな上、効果範囲も狭く、空振り率高し。3ターンの間、他のアイテムが使えなくなるのも困った。

【CPUについて】

CPUのプレイング、それほど優秀というわけではない気がするんだけど、勝てない……。自分やっぱりボードゲーム下手なんだなぁ。そういえば、CPUごとにプレイの仕方に個性はあるのは良かったです。「うぐいす」はお金を温存する慎重派、「KING」は積極的にお金を使う強攻派、「こしあん」はその間くらいの堅実派的な印象。「つぶあん」はなんだろう?

【ゲームシステムについて】

あまりに勝負がつかなくて感想では苦言を呈してしまったけど、このマイルドなゲームバランスは嫌いじゃないかも。一人勝ちや一人負け状態になりにくいので、劣勢に陥っても逆転が充分に狙えるという点は非常に好感が持てる。ヒロインを留守番させて、もう少しで一周ゴール!というところでフラれると最初からやり直しなところが、ドミノやトランプタワーを早く完成させる勝負とどこか似てる気がする。

【妨害について】

直接的かつ確実に相手を妨害する方法が「クモ」しかないので、間接的に妨害するためマスを増やすしかないんだけど、それもなかなか難しい。やはり重要なのは運な気がする。

● 攻略メモ

  • お金のない序盤は、アイテムは買わずにマスの購入にお金を使った方が良い。
  • 連れているヒロインの好感度が最低でも6はないと、もう1周逃げ切るのは難しい。好感度5以下の時は無理に留守番させずに好感度を溜めた方が良いと思われる。
  • 「爆弾」は強力だが命中させるのが至難。よほど、所持金に差がある場合以外は買わない方が無難。CPUも滅多に購入しない。
  • 「権利書」はレベル3のマスを踏みそうな時にだけ有効。購入可能なマスを踏めないと無駄打ちになってしまうため、リスクとコストの方が高め。
  • 「クモ」は乱発すると、自分だけ所持金を浪費してしまい、他のプレイヤーが利することになるで、ここぞという時にのみの方が良いかも。
  • 「陣地バリア」の効果は2ターン有効と効果はなかなかだが、単発ではあまり効果がなく、頻繁に使うと出費が激しいので、使いどころが難しい。何もせずマスを買い取られても、大金を使わせたと考えれば損だけではない。多くのマスを確保した状態なら防御効率も高まるので、積極的に使っていきたい。
  • 「LOVEバリア」は留守番させたら必須級アイテム。効果が1ターンだけなので、自宅までもう一息のところまで取っておくか、ショップを踏んだ時のことを考えて、すぐ使っていくか迷うところ。

● 豆知識

  • 「爆弾」を使用した場合、爆発するまではアイテムが使用できなくなる。(陣地バリアも?)

● フリースペース

このページの最上部へ PC一覧へ戻る