ゲーム*やおよろず Retro

字祷子D (アザトース・ディー) 妖都最速伝説

対応機種:PC (Windows)

『字祷子D』

◆プレイ方法:Win10 (パッケージ版)

▼ ゲーム(記事風)紹介 ▼

『機神飛翔ニトロウォーズ』、『都心復興デモンベイン』に続く、『デモンベイン』をパロディー化したミニゲームの第3弾。一番わかりやすい表現をすると、『デモンベイン』のヒロイン8人による『マ○オカート』!! アイテムによる妨害可能なレースバトルだ。全16コースとタイムアタック搭載。最上級レースで優勝するとご褒美イラストが見られるぞ!

特徴

  • カートレース
  • マリカー風
  • 妨害アイテムあり
  • 全8キャラクター
  • 全4グランプリ
  • 全16コース
  • 初期使用キャラ制限
  • タイムアタック搭載
  • Webランキング対応
  • ご褒美CGあり

ゲームデータ

発売会社
ニトロプラス / ホビボックス
開発会社
ニトロプラス
発売日
2006/08/11
価格
1,498円 (税別)
プレイ人数
1人
難易度
やや難しい
ジャンル
レース
テイスト
カートレース
ターゲット層
原作ファン/美少女ゲーム好き
対応OS/機種
Windows 2000/XP
認証システム
なし
媒体/形式
CD-ROM 1枚組
ネット通信/オンライン機能
Webランキング対応
専用機器・対応機器
ゲームパッド対応
備考
  • 紙のマニュアルは元々付属しません。ゲーム内にマニュアル代わりのチュートリアルがあります。
  • 管理人のWindows10では、特に問題なくインストール、プレイ共にできました。
  • Webランキングのサービスが現在も行われているかは未確認です。

プレイ記録

最終プレイ年月
2022年 03月
推定プレイ時間
10時間
自己クリア率
100%
お気に入り度
★★★☆
オススメ度
★★★
自己クリア条件
全てのグランプリを全てのレベルでクリアする
最終進行状況
全てのグランプリを全てのレベルでクリアした

プレイ動画

こちらは管理人がプレイしたままの動画です。ページ上部の紹介用動画とは異なりネタバレ満載! プレイ済みの方の回顧向けとなっております。
プレイしたところまでなので、ゲームによって、初見プレイ・体験のみ・途中まで・クリアまでと様々です。腕前は至極平凡、超凡人プレイ。
2つ目以降の動画を見る場合は、動画の下の番号ボタンをクリック♪ (※YouTubeのサイトへ移行します。限定公開動画です。)

番号プレイ内容動画時間
1通常プレイ PART101:59:59
2通常プレイ PART201:59:59
3通常プレイ PART301:34:25

ゲームレビュー

レビューといいつつ、思ったことをただひたすら書き連ねる単なる感想文です。誰がどう見てもかなりの駄文。文章下手でスミマセン…。
また、序盤しかプレイしていない触っただけのゲームなどは、的外れなコメントもあると思います。何卒お許しを~!
独自採点は、独断と偏見による超適当な採点です。ゲームの点数なんて人それぞれなんで、意味ないな~い!(*-∀-)ノ゙ (なのに書く)

† 『デモンベイン』のヒロイン達でレースゲーム! †

「ニトロプラス」様のWindows向けアドベンチャーゲーム『斬魔大聖デモンベイン』もしくは『機神飛翔デモンベイン』のパロディー作品だそうです。すみません、例によって原作はプレイしたことがありません。ただ、安く売っていてパッケージが目に留まったので買ってしまっただけ。

† 完全に美少女キャラ版『マ○オカート』 †

レースゲームということですが、『デモンベイン』キャラで『マ○オカート』と断言できます! 内容的にもシステム的にもほぼほぼ『マ○カー』。ただし、絶対に最近の『マ○カー』をイメージしてはいけません! 当然ながらそこまでのクオリティはないです。パッケージに書かれている通り、あくまでパロディーミニゲームということなので。

† 再現率高めで結構遊べる †

このゲームなんですけど、プレイ開始直後こそ、操作もしにくくコースも見づらく「うわぁ…びみょ~、コレはないかな~」と思ったんですが、繰り返しているうちにだんだん熱中していき、徐々に面白みが出てきました。操作性、グラフィック、コース数、モード共に、スーパーファミコンの『マ○オカート』相応の出来で、スーファミ版との比較であれば、負けず劣らずの再現度だと思います。いや! むしろミニゲームを自称するゲームにしては相当頑張っているのではないかと!

† イラストの可愛さはポイント高し! †

絶対原作を知っていた方が楽しいのは間違いないですが、なんらストーリーはないので、知らなくても全然遊べます。それにしてもこのキャラの絵柄すっごい好みなんですよね~。元々デフォルメな絵が好きってのもあるんですけど、自分の中で原作越えしちゃってます! 特に「アル・アジフ」と「アナザーブラッド」が何度でも見たくなる可愛さ! これだけで買った価値あったかもと思ってしまった。

† ご褒美CGで『マ○カー』越え?! †

また、「ライトチューン」レベル以上で最上級グランプリを優勝すると、キャラクターごとにご褒美CGがもらえるのが嬉しいところ。キャラによってはちょっと破廉恥な姿も……。ただ原作を知らないと、一緒に描かれているキャラやシチュエーションが一切わからず「?」って感じなので、こればかりは元ネタを知らないと損ですね……。

† 難易度は本家より難しめか? †

SFC版の『マ○オカート』と比較すると、おそらくですがこっちの方がムズいです。特に慣れるまでは操作が……。最近の『マ○カー』の操作感覚とはだいぶ違うので、DSやSwitchの『マ○カー』得意!って人でも、このゲームで思い通りの操作ができるようになるまで、しばらくかかるんじゃないかと。さらにCPUの速度が、こちらがターボを使用すること前提レベルの速度で走ってくるので、ターボがある程度使えないと苦汁を飲まされ続けます。ただ道なりに走ってるだけだと普通に抜かれていくし~!

† 本家と比べた長所と短所 †

長所は性能付けが8キャラにしっかりあること。全員かなり違う操作感覚ですし、特徴がかなり出てました。また、CPUが操作するキャラにも、ちゃんと性能差が反映されているのがいい感じです。短所はアイテムが4種類と寂しい点や、コースにギミックはなく、なおかつ進行方向がわかりにくい点、ターボ系の操作がやりにくい点などでしょうか。敵の無敵が判別しづらいなど細かいことまで言い始めると原稿用紙1・2枚は軽く埋められそう。要は粗さは多々あります。ファンアイテムなのでその辺りはご愛嬌かな?

† 自分は楽しめたけど、オススメはう~ん? †

元々あまり期待しないようにしてたというのもあるんですが、想定していたよりは全然楽しめました。CPUの強さが自分にとって丁度良いくらいの手強さだったのが、楽しく思えた要因かもしれません。ボタンを押す指に力が入り過ぎて、爪を痛めるくらいには熱中してました。あと、ご褒美CGを見てみたいというのもかなりの原動力に。ただ本当ドリフト失敗のリスクが高過ぎて、どうしてもカーブ減速の安全運転になってしまう。ドリフト&ターボがもう少し使いやすければ……。とりあえず、原作ファンおよびキャライラストが好みな人にだけオススメです。カートレースがしたいだけなら断然『マ○カー』推し!

『字祷子D』のゲーム画面
▲ デフォルメされたイラストがメチャ好み!! 原作より好きかも。これでスピンオフ作りませんか?
『字祷子D』のゲーム画面
▲ スーパーファミコンの『マ○オカート』には充分匹敵する出来。ただコースがどうも見にくい!
『字祷子D』のゲーム画面
▲ 強いライバルは基本強いが、展開によってはこんな横並びな点になることも。諦めずに行こう!
『字祷子D』のゲーム画面
▲ アイテムは4種のみ。左から順に「緑こうら」「赤こうら」「バナナ」「スター」と思っていただければ。

独自採点

操作性 (説明の丁寧さ)
3点
グラフィック (絵・映像全般)
8点
サウンド (音楽・SE全般)
7点
ストーリー (設定・方向性)
6点
ゲームバランス (難易度調整)
8点
ゲームボリューム (データ量)
6点
ハマり度 (熱中度)
8点
わかりやすさ (手軽さ)
7点
テンポの良さ (快適さ)
8点
作業感の少なさ (単調感)
6点
得点補正
(コースの視認性悪)
-2点
合計得点
65点

雑記帳

記録や攻略メモや小ネタやどうでもいいことを綴っていく雑記帳です。読んだところでさほど有益な情報はないでしょう。完全に自分用メモ。
総じてネタバレなので、プレイしてから読むのが吉。ネタバレ構わないよって方はドンドン読んじゃってどうぞ。稀に良い情報もあるかも?
裏技はこれだけは知っておいた方が良いかも的なものだけ抜粋。おまけに手順説明もかなり端折ってます。なんて中途半端なっ…!

● プレイ状況

【通常プレイ】

最終進行状況:「ノーマル」「ライトチューン」「フルチューン」の全GPで各1回ずつ優勝した
CG収集数:9枚中6枚

● 雑記

【CPUについて】

スーパーファミコン版『マ○オカート』と比較した際に、もう1つ良いと思ったのが、強いライバルでも適度に上位の取りこぼしがあること。SFCの『マ○カー』はほぼ固定メンツで上位が決まってしまうので、成績にムラが出るのは地味ながらも非常に大きなプラス点だと思う。にしても「アル」と「アナザーブラッド」強いわ~。ノーマルレベルだとやたら「エルザ」が強かったし。一方で「エンネア」はここまでせんでもと可哀想になるくらい弱い……。

【キャラの使いやすさについて】

レースゲーム下手の自分には、加速力とコントロール性の高い「覇道 瑠璃」「ライカ」「ハヅキ」が使いやすかったッスね~。「ハヅキ」が魔法陣使った時の速度が鬼すぎる……! でも一番やりやすかったのは「アナザーブラッド」。この子はなんか普通に強い気がする。あと、「エルザ」のトップスピードの速さはメチャメチャ気持ちいい! 何もしなくても直線ならドンドン抜かせる! 一方でバランス型で初心者向きのはずの「アル・アジフ」が、達人専用の「エンネア」を除くと一番ダメダメだった。CG見たかったのにどうしても「アル」だけは優勝できない~~~! 悔しいのう……。

● データメモ

【優勝特典】

ノーマル「トラペゾGP」優勝:「アナザーブラッド」「ハヅキ」が使用可能
ライトチューン「アトランGP」優勝:「エセルドレーダ」が使用可能
ライトチューン「レムリアGP」優勝:「エンネア」が使用可能
ライトチューン「トラペゾGP」優勝:エンディング/CG獲得/フルチューンレベル出現
フルチューンレベル「トラペゾGP」優勝:エンディング/CG獲得

● あるある(?)

  • あるあるというか自分だけかもだけど、毎レースのようにゴールしてからターボストックが残っていることに気付く。1秒間押し続けなければならないという使いにくさも相まって、ほとんど使わなかった気が……。アイテム (スペシャル) ボタンと共通なのも混乱しやすく嫌な感じ。他の空きボタンに設定して、ポチっと手軽に使えるようにして欲しかった~(泣)。

● フリースペース

このページの最上部へ PC一覧へ戻る