ゲーム*やおよろず Retro

Winning Post 5 (ウイニングポスト5)

対応機種:PC (Windows)

『ウイニングポスト5』

◆プレイ方法:WinXP (パッケージ版)

▼ ゲーム(記事風)紹介 ▼

人気競馬シミュレーションシリーズの第5作目。プレイヤーは馬主となり、栄誉あるGIレース全制覇を目指すのだ。本作では経営を支えてくれる秘書や牧場長だけでなく、調教師、騎手、ライバル馬主なども多数登場! 友好関係を築き、お互いに切磋琢磨しよう。自由度は高く、自家生産、牧場拡張、愛馬のやり取りも思いのまま! 海外や地方の重賞も完備だ!

特徴

  • 馬主体験
  • 自己配合生産可能
  • 人脈重視
  • ライバル馬等経年変化
  • 因子システム新搭載
  • 馬主データ取り込み
  • 繁殖実在馬あり
  • ライバル実在馬なし
  • 地方重賞レースあり
  • 海外重賞レースあり

ゲームデータ

発売会社
コーエー
開発会社
コーエー
発売日
2000/12/22
価格
11,800円 (税別)
プレイ人数
1人
難易度
普通
ジャンル
シミュレーション
テイスト
競馬
ターゲット層
競馬ファン
対応OS/機種
Windows 95/98/2000/Me
認証システム
なし
媒体/形式
CD-ROM 2枚組
ネット通信/オンライン機能
ネットワークによる馬主データの受け渡し
専用機器・対応機器
----
備考
  • Windows10では、インストールはできましたが、ゲームが起動しませんでした。
  • バージョン1.2へアップデートしてプレイしました。

プレイ記録

最終プレイ年月
2022年 09月
推定プレイ時間
40時間
自己クリア率
--%
お気に入り度
★★★★☆
オススメ度
★★★★
自己クリア条件
体験のみ
最終進行状況
体験のみ (過去にプレイした際は国内GI複数勝利)

プレイ動画

こちらは管理人がプレイしたままの動画です。ページ上部の紹介用動画とは異なりネタバレ満載! プレイ済みの方の回顧向けとなっております。
プレイしたところまでなので、ゲームによって、初見プレイ・体験のみ・途中まで・クリアまでと様々です。腕前は至極平凡、超凡人プレイ。
2つ目以降の動画を見る場合は、動画の下の番号ボタンをクリック♪ (※YouTubeのサイトへ移行します。限定公開動画です。)

番号プレイ内容動画時間
1体験プレイ (2年目まで) PART101:53:57
2体験プレイ (2年目まで) PART201:58:51

ゲームレビュー

レビューといいつつ、思ったことをただひたすら書き連ねる単なる感想文です。誰がどう見てもかなりの駄文。文章下手でスミマセン…。
また、序盤しかプレイしていない触っただけのゲームなどは、的外れなコメントもあると思います。何卒お許しを~!
独自採点は、独断と偏見による超適当な採点です。ゲームの点数なんて人それぞれなんで、意味ないな~い!(*-∀-)ノ゙ (なのに書く)

† 初めての『ダビスタ』以外の競馬ゲーム †

『ウイニングポスト』シリーズの5作目ですが、自身がプレイした初めての『ウイポ』です。それまでは競馬ゲームと言えば『ダービースタリオン (ダビスタ)』一筋だったんですが、初めて遊んだこの『ウイポ5』は衝撃的でしたね~。特にライバル馬一頭一頭の成績が記録されていき、年月が経つごとに新たなライバル馬が自動的に生産されるところなどは『ダビスタ』では考えられなかったので、それだけで驚愕でした。こういうのたまらなく好き!!

† 『ダビスタ』よりも進行がサクサク †

当時の『ダビスタ』と比較すると、調教が全自動のため進行が楽! プレイヤーが主にやる事と言えば、配合を考えることと、競走馬の売買、それと出走レースの選択くらい。レース観戦は飛ばすこともできるし、自分は使わない主義だけどオート進行も可能! もう、やろうと思えばドンドン進められます。プレイヤーに年齢の概念があったら、あっという間に老けますわ……。毎週毎週調教して、1レース1レース観てた『ダビスタ』では考えられないスムーズさ!

† じっくりやるのも全然あり! †

オート進行を交えてひたすらバンバン進めるのもいいけど、毎週、馬の様子やコースポを確認したりしながら、腰を据えてじっくりプレイするのも味わい深いです。自分は所有馬1頭1頭のレース結果に一喜一憂したり、ライバル馬主と成績を競ったり、よく一緒になるライバル馬との勝負を見守ったりするのが好きなので、完全にじっくり進行タイプ。結果よりも過程を大切にします! まぁ、その分無駄に時間掛かって進行がホントおっそいんですけどね……。

† 肝の配合が適当な人 †

このゲームの攻略の神髄は、自分で配合する自家生産なんですけど、自分は配合を考えるのが面倒くさくて、牧場長のコメントを完全に鵜呑み。コメントと直感と好みだけで種付けしちゃいます。なので、GIを10勝くらいするような最強馬には全く縁なし。フッフッフ、これぞ下手な鉄砲数撃ちゃ当たる作戦! こんなんなので、牧場はオープン行くか行かないかくらいの微妙な馬だらけに。でもたま~にGI勝ってくれる馬も出たりするので、とりあえずそれで満足してま~す。……向上心ないなぁ。(;-Д-)

† セリも気まぐれ参加 †

ちなみにセリも適当に参加して、他の参加者の様子を伺いながら、なんとなく気に入ったのを購入する感じ。セーブ&ロードで未来を確認するのだけは、自分のポリシーとして絶対ご法度なので、それだけは禁止。当たりはずれはあるんですけど、最安値というだけで買った馬がスタミナだけはやたらあって、長距離重賞を取ってしまったりした時なんかはメッチャ嬉しかったですねー。安くても走る馬はいる!!

† 友好度上げは楽しいけどちょっと手間? †

友好度が存在する調教師、騎手、ライバル馬主のうち、調教師と騎手の友好度は走らせているうちに結構上がるんですが、ライバル馬主は会わないとなかなか上がらないので、早々に友好度100を目指すと毎週何人ものお宅を訪ねる必要があり、それがやや面倒でした。特に友好度20を超えるまでがなかなか増えなくて大変! 所有馬が重賞を勝ったライバル馬主さんを見つけたら、自慢されにお宅に直行してました。突撃! 隣の自慢話!

† 能力因子システムがとてもナイス! †

実は『ウイポ4』以前をプレイしたことがまだないので、『4』からの違いがわからないんですが、パッケージによると能力因子表示は今作からみたいですね。これはセリでも配合でも、おおよその馬の特徴が推測できて非常に便利でした。インブリードの効果も可視化されて、効力がわかりやすい。また、インブリードやニックス以外の配合理論もあり、突き詰めるとかなり奥が深そうです。自分は血統研究は苦手で全然ダメなんですけどねー。

† 本当によくできた競馬シミュレーション †

総評としても、非常に完成度の高い競馬シミュレーションゲームだと思います。大きな欠点は実在馬がライバルとして出てこないことくらいで、データ量、遊びやすさ、再現度ともに当時のゲームとしては最高峰の競馬ゲームと言っていい出来。100%『ダビスタ』派だったのに、手のひら返しで『ウイポ』信者になってしまいました。もちろん『ダビスタ』は『ダビスタ』で楽しいです、うん。……にしても、このゲームの定価は11,800円でしたか~。今聞くと高く感じる……。見事なコーエー価格ですな。

『ウイニングポスト5』のゲーム画面
▲ 用意された自画像はなんと48種類! 右下の人がカンニング竹山さんに見えて仕方ないんですが…。
『ウイニングポスト5』のゲーム画面
▲ 当時猛威を振るっていたサンデーサイレンスが種牡馬界を席巻! しかし時代は移り変わるのだ。
『ウイニングポスト5』のゲーム画面
▲ 競馬ゲームは『ダビスタ』しか知らなかったので、知人との会話や時代の変化に感動~~~っ!!
『ウイニングポスト5』のゲーム画面
▲ 配合理論とか全然考えずにプレイしているので牧場長のコメントが頼り。早熟は避けたくなる人。

独自採点

操作性 (説明の丁寧さ)
8点
グラフィック (絵・映像全般)
8点
サウンド (音楽・SE全般)
7点
ストーリー (設定・方向性)
9点
ゲームバランス (難易度調整)
7点
ゲームボリューム (データ量)
10点
ハマり度 (熱中度)
9点
わかりやすさ (手軽さ)
7点
テンポの良さ (快適さ)
8点
作業感の少なさ (単調感)
6点
得点補正
(なし)
±0点
合計得点
79点

雑記帳

記録や攻略メモや小ネタやどうでもいいことを綴っていく雑記帳です。読んだところでさほど有益な情報はないでしょう。完全に自分用メモ。
総じてネタバレなので、プレイしてから読むのが吉。ネタバレ構わないよって方はドンドン読んじゃってどうぞ。稀に良い情報もあるかも?
裏技はこれだけは知っておいた方が良いかも的なものだけ抜粋。おまけに手順説明もかなり端折ってます。なんて中途半端なっ…!

● プレイ状況

【体験プレイ (ただし、過去にプレイ経験あり)】

最終進行状況:開始2年目まで

● 雑記

【操作性について】

概ね操作性に問題はないけど一点だけ。メッセージを飛ばそうとマウスの左クリックを連打した際に、勢い余って表示された選択肢の「はい」を押してしまい、間違って押したのに気づいてもキャンセルできないのが痛い! ならばと右クリックで飛ばすと今度は「いいえ」に……。カーソルの位置に重なって選択肢が出るのはあまり良くないような……。

【馬齢表記について】

本作の馬齢表記は3歳でデビューして、4歳でクラシックを走る、いわゆる旧馬齢表記。今、昔の競馬ゲームをプレイするとこれが混乱するんですよね……。パワーアップキットでは現行の馬齢表記に改められていたので、ちょうどここが境目だったんだなぁとしみじみ。

【自動生成馬名について】

ライバル馬名や自動で付けられる馬名の単語の種類は、プレイしたことのある『7』以降と比較しても、この『5』の方が単語の種類が豊富でセンスも良かった気がする。『7』以降は何だかありきたりな単語が多く、味気ない名前ばかり出てくるのでちょっと不満。

● 攻略メモ

  • お金に余裕のない序盤は、高額の繁殖牝馬を数頭買って、ある程度高い種牡馬と配合し、産まれた子供をどんどんセリに出していった方が早く儲けられると思われる。

● フリースペース

このページの最上部へ PC一覧へ戻る