ゲーム*やおよろず Retro

100円ソフトシリーズ vol.1 Typing Dead PLUS (タイピングデッド プラス)

対応機種:PC (Windows)

『●タイトル●』

◆プレイ方法:Win10 (パッケージ版)

▼ ゲーム(記事風)紹介 ▼

たった100円で買える100円ソフトシリーズの第1弾。学校にはびこるゾンビ達を排除するため、秘密組織SJOに所属する主人公「マックイーン」が生死を賭けて、単身ゾンビの巣窟に潜り込む。タイピングで入力するのは全て英単語や英文。単語の意味や読みから推測して単語を入力する隠しモードも搭載。ちょっとした英単語の勉強にもなって一石二鳥だ!

特徴

  • タイピング練習
  • ゾンビゲー
  • ストーリーあり
  • 全5ステージ
  • 英語入力
  • 約1600単語登録
  • HIDING MODE
  • ホームポジション練習
  • スコアランキング
  • 怖さ控えめ

ゲームデータ

発売会社
株式会社フィクス (FIX)
開発会社
荒谷裕己
発売日
2002/??/??
価格
100円 (税別)
プレイ人数
1人
難易度
やや難しい
ジャンル
タイピング
テイスト
ゾンビ退治
ターゲット層
ホラーファン/タイピング好き
対応OS/機種
Windows 98/2000/Me/XP
認証システム
なし
媒体/形式
CD-ROM 1枚組
ネット通信/オンライン機能
なし
専用機器・対応機器
----
備考
  • 管理人のWindows10では、インストール・起動共に行うことができ、問題なくプレイできました。(※ただし、動作が停止することがある不具合あり)

プレイ記録

最終プレイ年月
2022年 11月
推定プレイ時間
1時間30分
自己クリア率
100%
お気に入り度
★★★☆
オススメ度
★★★☆
自己クリア条件
ストーリーモードのクリア、およびステージ練習1~5で「DANGER」レベルを全てクリア
最終進行状況
ストーリーモードとステージ練習1~5で「DANGER」レベルを全てクリアした

プレイ動画

こちらは管理人がプレイしたままの動画です。ページ上部の紹介用動画とは異なりネタバレ満載! プレイ済みの方の回顧向けとなっております。
プレイしたところまでなので、ゲームによって、初見プレイ・体験のみ・途中まで・クリアまでと様々です。腕前は至極平凡、超凡人プレイ。
2つ目以降の動画を見る場合は、動画の下の番号ボタンをクリック♪ (※YouTubeのサイトへ移行します。限定公開動画です。)

番号プレイ内容動画時間
1一通りプレイ01:17:44

ゲームレビュー

レビューといいつつ、思ったことをただひたすら書き連ねる単なる感想文です。誰がどう見てもかなりの駄文。文章下手でスミマセン…。
また、序盤しかプレイしていない触っただけのゲームなどは、的外れなコメントもあると思います。何卒お許しを~!
独自採点は、独断と偏見による超適当な採点です。ゲームの点数なんて人それぞれなんで、意味ないな~い!(*-∀-)ノ゙ (なのに書く)

† 100円では安過ぎるクオリティー †

100円ソフトシリーズのVol.1ということで、記念すべき1作目。1つ前にプレイした『Vol.12 花札こいこい』に比べると、比較にならないほど作り込まれてました。これで100円はどう考えても安い! あっ、タイトルが似ていますが有名なゾンビタイピングゲームの『タイピング オブ ザ デッド』シリーズとは全くの無関係です。

† 英語オンリーのタイピングゲーム †

出題されるのは全て英単語と英文。これはこれで珍しいですねー。英単語打ちも練習してたけど、やはり日本語入力と比べるとだいぶ苦手です。打ち慣れない「C」とか「Q」とかが来ると動きが止まる……。このゲームの良いところは英単語の登録数の多さと、単語の意味、単語の読みまで表示してくれるところ。この点が素晴らしいです! 単語は「HIDING MODE」にして表示を隠すこともできるので、英単語のスペルや意味を覚える勉強までできるのが最大の利点。これだけでも大いに購入価値あり!

† 意外なほど魅力的なストーリー †

タイピングゲームながらちゃんとした物語背景や本格的なストーリーがあります。ただし、超が付くほどの短編! ストーリー部分だけだと正味10分くらい。でも、短いながらも面白みのある話でした。設定がかなりしっかりしてますし、海外ドラマ風の会話も思わず惹き込まれる感じで、もっと長く見てたいと思うほど。惜しむらくは、パッケージに「2作に続く長編タイピングソフト」と書かれているのに、後編となる2作目が発売されている気配がないこと。んん……、発売中止……?

† 雰囲気は怖そうだけどホラー度は低め †

怖さについてなんですが、リアルタイプのゾンビが多く登場する割にはそんなに怖くはないです。むしろ若干のギャグ要素があり、怖さがかなり薄まってます。ゲームオーバーも死ぬにもかかわらず、なんだかコミカルで……。一応、流血表現やスプラッタ的な要素はあるので、極度にグロ苦手な方は注意。(そこまで苦手なら最初から手を出さないだろうけども)

† 英単語打ちが苦手だと難しい? †

曲がりなりにもタイピングだけはそれなりに得意なので、クリアだけならそこまで苦にはならなかったんですが、やはり英単語というのが特殊! 結構苦手にしている人も多いんじゃないかと思います。まぁ、それだからこそ練習のし甲斐があるってもんですが。でもタイピング初心者さんが練習に使うには、やはり厳しい難易度であまりオススメできません。中級者以上推奨。

† 100円だけど500円の価値はあり †

いや、本当にこのゲームを100円で売るのはもったいないというくらいのクオリティーでした。さすがにフルプライスは無理ですが、500円なら全然アリ。グラフィックや効果音も凝っていて、100円なら文句なしの出来! 欲を言えば襲ってくるゾンビの動きにもう少し臨場感や迫力があればな~というくらいです。動きが硬いのが惜しい。あと、続編ホント気になる~!!

『●タイトル●』のゲーム画面
▲ 超短編ではあるもののストーリーもなかなか興味深く面白い。まるで洋画を見ているような感覚。
『●タイトル●』のゲーム画面
▲ 怖さは控えめだが、じりじり寄られて迫られるとやはり焦る。ゾンビに追われていい気はしない。
『●タイトル●』のゲーム画面
▲ ホラーなんだけど、会話にユーモアがあり何だか笑ってしまう。後半は銃が撃てるようになるぞ!

独自採点

操作性 (説明の丁寧さ)
8点
グラフィック (絵・映像全般)
8点
サウンド (音楽・SE全般)
7点
ストーリー (設定・方向性)
8点
ゲームバランス (難易度調整)
7点
ゲームボリューム (データ量)
4点
ハマり度 (熱中度)
6点
わかりやすさ (手軽さ)
7点
テンポの良さ (快適さ)
8点
作業感の少なさ (単調感)
6点
得点補正
(※超低価格)
+3点
合計得点
72点

雑記帳

記録や攻略メモや小ネタやどうでもいいことを綴っていく雑記帳です。読んだところでさほど有益な情報はないでしょう。完全に自分用メモ。
総じてネタバレなので、プレイしてから読むのが吉。ネタバレ構わないよって方はドンドン読んじゃってどうぞ。稀に良い情報もあるかも?
裏技はこれだけは知っておいた方が良いかも的なものだけ抜粋。おまけに手順説明もかなり端折ってます。なんて中途半端なっ…!

● プレイ状況

【ストーリーモード】

最終進行状況:全ステージクリアした

【ステージ練習1~5】

最終進行状況:「Danger Game」で全ステージクリアした

● 雑記

【「HIDING MODE」について】

入力する英単語を非表示にする「HIDING MODE」。難しそうで最初はあまり気乗りがしなかったけど、試してみたら意外にも面白い。意味だけでなく発音も一緒に表示されているのが良く、これにより絶妙な難度になっていた。発音表記がネイティブ風なのも適度にスペルを惑わせててなんかイイ! ちゃんと時間経過で答えを表示してくれるのもグッド!

● フリースペース

このページの最上部へ PC一覧へ戻る